からだ

プロに聞く! 夏枯れ肌にじっくり効かせるお手入れ法。

ステイホーム期間中、おうち美容の楽しさに目覚めた人も多いのでは。せっかくならもっと本格的に試して、夏の“老け”を解消しましょう!
  • 撮影・久々江 満 イラストレーション・かとまり 文・薄葉亜希子

【顔】ハリツヤを回復してエステ帰りのような肌に底上げ!

宮澤輝子(みやざわ・てるこ)さん

『Te・Luce』オーナー。アロマや植物療法にも精通、肌と心を癒やすオリジナルメソッドは女優やモデルなど美容のプロからも支持される。
●『テ・ルーチェ』東京都渋谷区神宮前3-36-26-102 TEL.03-3408-1799 https://www.teluce.com

夏に溜めたくすみやごわつきは、ついゴシゴシとお手入れしたくなるが、それはNG。クレンジングや洗顔剤はたっぷり量を使ってこすらず汚れを浮かせることが大切。基本ケアの見直しと同時に時間のある日は肌に効かせるひと手間を。

「プレマッサージやスチーム、クレイパックなどで吸収のいい状態にしてあげます。潤いがグングン入り、透明感、ハリの違いを感じられますよ」(宮澤さん)

潤いを閉じ込めて逃さない肌作り。

プレマッサージで代謝促進。
首のストレッチから開始。図のように手で頭を軽く押さえ、押さえた手の側へ5秒かけて倒し、5秒キープ。反対側も同様に首筋を伸ばす。

リンパを流して巡りをよく。
リンパ節のある耳下に圧をかけて刺激し、首筋に沿って指の腹でゆっくりと押し流す。最後に鎖骨の上に圧をかける。左右5回ずつ。

蒸しタオルで温める。
肌を温めることで毛穴の汚れを落としやすくする。メイクしている時はメイクの上から。顔全体がじんわり温まることで心もほぐれる。

クレイパックで柔らか肌に。
保湿前に行い、浸透のいい肌に。たっぷり塗ってぬるま湯で優しく流す。ターンオーバーを整える働きもあり、大人肌こそ活用を。

マスクonオイルで徹底保湿。
美容オイルやクリームの浸透をアップするおすすめの方法。塗ったらすぐにシートマスクをのせ、肌に入ったと感じたら外すこと。

ラップパックで閉じ込める。
閉鎖密封法と呼ばれるラップパックはサロンでも定番の施術。輪郭、頬、額の3カ所にラップをのせて引き上げるようにして密着。

\宮澤さんの おすすめ美容液/

ザクロ種子油など抗酸化作用に優れた成分を配合し、ハリを与えるオイル美容液。ビューティピュアフェイスオイル 30ml 1万5000円(テ・ルーチェ TEL.03-3408-1799) 

ドイツ発! 独自処方で生コラーゲンを閉じ込め、チャージするミスト。BioColla 生コラーゲンミストマスク 365 50ml 1万2000円(ビ・マジーク TEL.03-5778-4735)

『クロワッサン』1028号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。