からだ

部屋で楽々、有酸素運動。スポーツ動作がベースのサーキットトレーニングで脂肪を燃やす!

以前に比べて動けなくなった、歩けなくなった…いま、多くの人がそう感じているかもしれません。これからもアクティブで楽しい人生を送るために、部屋での楽々トレーニング、始めどきです。トレーナー、スポーツ&サイエンス代表の坂詰真二さんに教わります。
  • 撮影・中島慶子 スタイリング・高島聖子 ヘア&メイク・高松由佳  モデル・くらさわかずえ 文・石飛カノ

今回紹介するサーキットトレーニングは、さまざまなスポーツの動作をベースにした4種目を続けて行うというもの。これは動ける体だからこそ実践できる有酸素運動。より大きな動きを伴うので、さらなる脂肪燃焼効果が期待できる。

要領は歩行ベースのサーキットトレーニングと同様。1種目を30秒行ったら次の種目へ。まずは2セットから始めて少しずつセット数を増やしていく。

【各30秒計2分を2〜4セット】

1.  エア・スイミング 

両足を腰幅に開き膝を軽く曲げ、上体を前傾させ両手を前に伸ばす。膝を伸ばしながら水をかき寄せるように右手を後方へ。膝を曲げながら右腕を肩から大きく前に回して元の姿勢に。同様に今度は左腕でストローク。左右交互に30秒間。

\ 大きな動きで! /

2. エア・スケーティング 

足を腰幅に開き軽く膝を曲げ、上体を前傾。両肘を曲げて拳を胸の下にセット。右足を斜め前に大きく踏み出すと同時に両腕を右後方に振り出す。元の姿勢に戻って今度は逆、左足を斜め前に踏み出し、両腕を左後方に振る。左右交互に30秒間。

3.  エア・ボクシング 

右足前、左足後ろで足を開き、膝を軽く曲げる。爪先に体重をかけ両肘を曲げて拳を顎の前に。右足を半歩踏み出して右手でパンチ。続けて左足の爪先で床を押し、体を捻りながら左手でパンチ。左右の腕を交互に15秒行ったら足を替えて元の姿勢に戻り、同様に15秒。

4.  エア・テニス 

左足前、右足後ろで足を斜めに開く。右足に体重をのせて体を右に捻り右腕を後ろに引き上げる。右の爪先で床を押しながら体全体を左に捻り、ラケットでボールを打つように右腕を振り、左手を添える。15秒行ったら反対側で。

坂詰真二(さかづめ・しんじ)さん
トレーナー、スポーツ&サイエンス代表。NSCA認定パーソナルトレーナー。各種メディアでの運動・ダイエット指導で活躍中。『今日から自宅がジムになる 宅トレ』(カンゼン)など著書多数。

モデル・ノースリーブシャツ9,000円、レギンス1万4000円(共にフィルメランジェ/フィルメランジェ)

『クロワッサン』1024号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。