からだ

正しく扱えば快適、長持ち。下着の洗い方と収納法。

毎日使うものだからこそ、何年も自己流の人も多いのでは? きれいに長持ちさせるべく、この機会におさらいを。
  • 撮影・黒川ひろみ イラストレーション・山中玲奈 文・薄葉亜希子
川原好恵(かわはら・よしえ)さん ●ランジェリーライター。プレステージブランドからデイリーなお手頃商品まで広く取り上げ、雑誌やウェブなどで記事を執筆。
上沼孝子(かみぬま・たかこ)さん● 大手下着ブランド、ワコールの広報・宣伝部にて体の変化やTPOに合わせた下着選び、お手入れ等広く伝える活動を行う。

下着は扱い方次第で長持ちもすれば、すぐにくたびれてもしまうもの。形くずれした下着は見た目や着け心地も悪く、着けていると体も疲れてしまう。そのためにまず見直したいのが洗い方。

「洗濯前に必ず取り扱い表示をチェックしましょう。ワイヤー入りや繊細なレースを使った下着は手洗いが基本。ノンワイヤーやショーツは洗濯機で洗えるものもあります」(上沼孝子さん)

さらに干し方、しまい方にもコツがある。ついやってしまうのが、

「干し方を間違えて形くずれを招いている人が多いようです。タンスにめいっぱい詰め込むのも下着を傷める原因に」(川原好恵さん)

やさしく洗い、整えて干し、きれいに収める。一度習慣になれば実に簡単。早速今日から見直してみたい。

いまいちど、洗濯記号のこと。

洗濯桶の形で表示されているものが洗い方。右は「40度までで手洗い」、左は「40度までで洗濯機の弱水流で洗える」の意味。洗濯ネットや洗剤について注釈がある場合も。

洗い方

着たその日のうちにやさしく洗うのが基本。

ブラジャーはワイヤーの有無で洗い方が変わるが、どちらの場合も“こまめにやさしく洗う”のを習慣に。できれば下着用洗剤を使い、乾燥機は避け、洗ったらすぐに干す。

「下着は思った以上に汗や皮脂を吸います。3日に1度ゴシゴシ洗うより、着るたびに洗いましょう。力の加減も弱くてすみ、生地を傷めずに長持ちします」(上沼さん)

↓洗い方のポイント

□ 手洗い、またはソフトモードで洗う
□ 脱水は20〜30秒程度で素早く
□ 乾燥機の使用はNG
□ 洗濯後、すぐに干す

[ワイヤー入りブラジャー]

洗剤が残りやすいため、パッドは外しておく。容器にぬるま湯をはり、洗剤をよくとかしてから軽く「ふり洗い」をする。
洗剤の泡がなくなるまでしっかりとすすいだ後、タオルでくるんでやさしく押すようにして水気をとる。決して絞ったりしないこと。
汚れのひどい部分や着てから数日経ってしまった時は、「つかみ洗い」でていねいに汚れや皮脂を落とす。ただし力は入れすぎずに。

[ノンワイヤーブラジャー]

洗濯機洗いもOK。ホックをとめて形を整え、ネットに入れて弱水流で5〜6分ほど洗う。全自動の場合はソフトコースに設定する。

素材を傷めにくく長持ちさせる、ランジェリー専用の洗剤がおすすめ。

繊細なレースにもやさしく、蛍光剤を含まず淡い色でも安心。ランジェリー ウォッシュ 270ml 500円(ワコール) 
100%天然由来。心地よいラベンダーのほか、4種の香りが揃う。ユーカラン ラベンダー 500ml 2,000円(インティメイツ TEL.0120-155-653)

ブラジャー専用の立体的なものを選んで、洗濯ネットを必ず使う。

二重のクッション構造で形くずれや糸くずの侵入を防ぐ。ブラ・ランドリーFRB200 1,300円(ワコール TEL.0120-307-056)
筒型でゆとりがあり、幅広い形のカップに対応。洗濯ネット(型くずれ防止、円柱型) 100円(ダイソー https://www.daiso-sangyo.co.jp)
1 2 3
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。