からだ

体重は変わらないのに、30代で買ったブラが合わない気がします。

下着にまつわるトラブルは、正しい選び方やつけ方をマスターすれば、ほとんどは解消可能。
そこで、40代以降の女性が抱えがちな代表的な悩みに合わせて、最新版の快適下着をご紹介。インナーウエアコンサルタントのおぬまともこさん、ランジェリーライターの川原好恵さんから教わります。
  • 撮影・多田 寛 イラストレーション・イオクサツキ 文・板倉みきこ

【お悩み】体重は変わらないのに、30代で買ったブラが合わない気がします。

A.形も弾力も変化した、今のバストに合うブラをつけるべき。

「弾力を失い、肉質が柔らかくなって下垂した大人のバストに、若い人向けのブラは合いません」(インナーウエアコンサルタント・おぬまともこさん)

老化は誰もが避けられないものだけど、ターニングポイントは40代。30代までは理想的なバストを維持できていた人にも、初期老化(下図)は訪れる。

「自分に合ったブラジャーをつけないと、老化を加速させたり、ストレスの原因に。40代以降は、理想のバストを作るのではなく、今の状態を優しく整えてくれるものを選ぶことが大事」(ランジェリーライター・川原好恵さん)

さらにフィット感を増すため、ブラを正しくつけることも忘れずに。

バストの老化・初期

若い頃の理想のバストは全体的に丸みがあり、肉質にも弾力がある。老化が始まると、最初はデコルテのボリューム、バストの上部がそげてくる。原因はホルモンバランスの変化や、重力や揺れなどの刺激。もともとのバストのボリュームにより下垂の程度も変わる。

バストの老化・進行

下垂気味(初期)→下垂度小→下垂度中→下垂度大と着実に老化が進行していく。バスト下部がたわみ、乳頭が下向きになり、外に流れてバスト自体が下がる。図は下垂度大の状態。進行度合いでサイズも形も変わるので、それに合わせたブラを選ぶ必要がある。

40代からの正しいブラのつけ方

前屈みになり、下垂したバストをすくうように。

お辞儀をするように前屈みになり、バストや脇の肉をしっかり収めてつけるのが基本。特に下垂したバストは、ブラのカップの中に収まるよう、すくい取って持ち上げるイメージでつけて。ブラカップの下辺を、バストの下辺にしっかり合わせよう。ブラは同じサイズでもフィット感は個々で違うので、新調するときは面倒がらずに試着して。

1 2 3
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。