からだ

これからのオーラルケアは、細菌コントロールが基本。

歯、歯ぐき、歯並びなどに起こる問題症状は、早めに改善するのが得策。最新の知見などを元に、歯科医の小原澤友伸さん、坂本紗有見さんがわかりやすくポイントを解説。
  • イラストレーション・かざまりさ 文・板倉みきこ

オーラルケアとして今後注目したいのは、自分の口腔内の細菌バランスを知っておくこと。

「虫歯も歯周病も細菌の感染ですから、口腔内の細菌をコントロールしていくことが大事です。自分が虫歯になりやすいタイプだとわかっていれば、日々のケア、歯科医などプロに頼むケアの頻度や内容が決まってきます」(小原澤さん)

海外では、さまざまな菌種を特定する詳細な検査方法があるが、より簡単に口の中の環境がわかる機械が、数年前に日本に登場した。

「シルハという、5分ほどで判定できる唾液検査です。虫歯や歯周病、口臭のリスクチェックができます。歯科医の経験や患者の症状だけでなく、このデータがあることで、より効果的な治療と具体的な対策を提案できるのが利点です」(坂本さん)

歯や歯ぐきの健康、口腔清潔度の3項目でチェックする。酸に対する抵抗力が弱く、虫歯になりやすいタイプの歯なのか、歯ぐきに炎症があるかなど、自分の口の健康状態を客観的に知ることができる。1回数千円程度。
うがいで得られる唾液から、自分の口腔環境を知ることができる。

小原澤友伸(こはらざわ・とものぶ)さん
歯科医。銀座6丁目のぶデジタル歯科院長。米国口腔インプラント学会、顎咬合学会専門医。http://www.nobudental.net

坂本紗有見(さかもと・さゆみ)さん
歯科医。銀座並木通りさゆみ矯正歯科デンタルクリニック81院長。日本アンチエイジング歯科学会常任理事。大人の歯列矯正を推進。

『クロワッサン』1016号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。