からだ

毎日の歯磨きにプラスα!万全なオーラルケアを。【編集部こぼれ話】

2月25日発売の『クロワッサン』最新号「丈夫な骨 きれいな歯 健やかな目。」のこぼれ話をお届けします。

自分の歯で美味しくごはんをいただくことは、健康寿命を維持するのに欠かせません。というわけで、正しい歯の磨き方を教わってきたのですが、歯磨きだけでなく、その他にも様々な工夫で自分の歯を長持ちさせられることがわかりました!

取材後、虫歯予防のため意識しているのが、キシリトールガムです。なんと、学校給食と一緒に供される国もあるそう。日本でもそんなシステムがあったらいいのに!

歯科専売のキシリトールガム。思い切ってボトルでの購入を検討中です。
お口の中に使えるウエットティッシュ。マイルドタイプは、ノンアルコールなので敏感な人におすすめです。
歯磨きは一日3回すべし!と教わり、食後に歯磨きを習慣化。時間に余裕のあるときは、ワンタフトブラシと、フロスで隅々まできれいに。フロスは苦手だったのですが、徐々に慣れてきました。
密集した毛でツルツルに磨けると好評の「クラプロックス」の歯ブラシ。本誌では1色のみの紹介でしたが、実はこんなにたくさんの色が。ほかにも選りすぐりのおすすめアイテムを紹介しています。

歯科専売品のこちらのガムは、甘味がキシリトールのみ、着色料も入っていません。知り合いが持っていた市販のキシリトールガムと食べ比べてみたところ、「こっちのほうが断然美味しい!」と大好評でした。噛み始めのムニムニとしたグミのような食感がクセになります(スーパーなどで売っている、市販のガム特有の外側がパリパリした食感が好きな人には物足りないかもしれませんが……)。ガムは唾液の分泌も促してくれるので、口臭予防にも効果大。ぜひお試しあれ。

また、どうしても忙しい時のお助けアイテムとしておすすめなのが、口腔用のウエットティッシュ。手に巻きつけて歯茎と歯をぐるりと一周させるだけ。ランチ後は口腔用ウエットティッシュで軽く済ませて、朝と夜しっかり磨く、なんて使い方もいいですよね。

優しく拭き取れば、舌にも使えるとのこと。ライター、カメラマン、そして編集の私の3人で「ベー」と舌を出して拭き取ると、予想以上の汚さに唖然……。ほったらかしていた舌の汚さにショックを受け、時間がなくともウエットティッシュで舌のお掃除をするようになりました。
さらに、このウエットティッシュなら、水を使わずに簡易的に歯の汚れが取れます。災害時に備えて、ストックしておくのもいいですね。

今号では歯の磨き方だけでなく、口臭予防や唾液のパワーについても、より詳しく紹介しています。ぜひ本誌をご覧くださいね。(編集HS)

2月25日発売の『クロワッサン』最新号は「丈夫な骨 きれいな歯 健やかな目。」

長く生きれば骨も歯も目もくたびれてくるけれど、私たちの人生はまだまだ続く。
この先も愉快に元気に暮らすには、思っている以上に全身の健康状態を左右する、この3部位のケアは重要なのです。
正しい知識をもとに、骨と歯と目、今よりもっと大事にしましょう。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。