からだ
更新:

楽しく運動しながら美しい背中に!バーチャルボクシングは生涯運動。

相手を仮想しながらパンチを繰り出すバーチャルボクシング。スッキリ締まった背中を手に入れた矢吹さんに魅力を聞いた。
  • 撮影・黒川ひろみ 文・今井 恵

パンチ連打で体幹を鍛え、脂肪も燃焼!

矢吹洋枝(やぶき・ひろえ)さん●「ラ・プレリー」PRマネージャー。勤続20年のベテランPR。国内外の出張をこなしながら、ボクシング歴6年、ボイストレーニング歴も2年など多趣味。年に数回ライブ出演も。 

ボクシングジムにアップテンポの音楽が流れ、バンデージを巻いた女性の姿もちらほら。指導する茂呂一雄さんの「ワン、ツー、ボディ、捻って、フック、ジャブ、しゃがんで、ワン、ツー!」の声が響く中、その動きに必死に合わせ、パンチを繰り出す矢吹洋枝さんがいた。

「これが今ハマっているバーチャルボクシングです。すごくきつい運動ですが、この世にこんなに楽しいものがあるのかと(笑)」

バーチャルボクシングは、相手を仮想したシャドーボクシング。

汗びっしょりの笑顔で矢吹さんが語る、バーチャルボクシングとは?

「ボクサーがトレーニングで行うシャドーボクシングを元に作られた、有酸素運動能力の向上や脂肪燃焼運動、ストレス発散、反射神経や瞬発力のアップを目的とするフィットネスボクシングのプログラムです」

と、バーチャルボクシング(R)協会代表理事でもある茂呂さん。バーチャルボクシングの考案者本人でもある。

「1回45分の運動ですが、ありえないぐらい汗をかくし、機械などを使わず、自分の力で体を捻るのが何より爽快です。そして一番の魅力は同じレッスンを何度か受けているうち、周りの女性たちの背中の肉がみるみる美しく落ち、きれいになっていくこと」

矢吹さんは出張が多く、忙しい仕事の合間に月に1度蒲田にあるRK蒲田ボクシングファミリーというジムに通い、バーチャルボクシングやミット打ちなどで、体を動かしている。

「通い始めたきっかけは、40代半ばになった頃、あまりの運動不足から将来の体が不安になったことです。通勤途中、乗り換えが多いんですが、年々階段を上るのが億劫になり、足が持ち上がらなくなっているのを実感し、適度な筋力をつけていきたいと思って。最初の頃は夢中になり、週2回通っていました(笑)」

太りにくい体質ながら、シルエットの変化や体力の衰えを感じていた。それが6年間でどのように変化を?

「持久力がつきました。バーチャルボクシングを始めてまず下腹がすぐにへこみ、腕、背中が締まり、お尻や太ももにも効果が見えました」(矢吹さん)

実際にバーチャルボクシングを見ていると、絶え間なくステップを踏んでいるので下半身もかなりの運動量。さらにミット打ちなどでパンチを正確に繰り出すためには、かなりの体幹も必要になる。

「バーチャルボクシングのいいところは、自分のペースで体を動かせること。最初慣れるまでは足を動かさず、上半身だけで真似ていてもいいんです。それだけでも背中やウエスト、腰回りにはかなり運動になりますから。さらに相手のパンチをよけるという想定で屈む動きもする。これで足を開いて屈伸するので、股関節やそこを通る太い血管にも刺激を与え、全身の血流がよくなります」(茂呂さん)

バーチャルボクシングは45分間で行われ、ボクシングの試合と同じ3分ごとにインターバルが入る。

「最初はターゲットパートといって、その日行う動作を繰り返すことで覚えながら、心拍数を上げ、体を温めていきます。次にバーチャルパートといって、対戦相手を仮想(バーチャル)想定し、パンチを避ける、打つなどしながら、年齢とともに落ちていく反射や反応を鍛えます。最後がコンビネーションパートといって、前半に行った簡単な動作を組み合わせ、相手がいるかのように体を回転させながらパンチを繰り出すことで腹筋を鍛え、さらに脂肪燃焼効果を狙います」(茂呂さん)

「最後のコンビネーションでは頭が朦朧としてしまうので、ひたすら茂呂先生の声を聞き、動きを追って体を動かしています。ここで頭が空っぽになって、ひたすらパンチを打つことでストレスも解消できるんです」(矢吹さん)

パンチを打つときに一番使うのが背中。バーチャルボクシングでは、年齢を重ねると丸みを帯びてくる背中や肩周りの肉が削げるように落ちていく。次に腕やお腹周りに効く。パンチを打つ際にシュッと息を吐くことで腹圧がかかるので、呼吸を合わせることも大切だ。

「呼吸で腹圧というのは、一時期流行ったブレスダイエットと同じ。実際に僕が教えている生徒の中には87歳の方もいるし、グループ全員80代というレッスンもあります」

自分に合わせて動けばいいので、足腰が衰えてきてもできる。

矢吹さんもバーチャルボクシングは生涯運動と語る。

「とにかく楽しい! 予約も必要ないし、レッスン料もリーズナブル。だから続けられるんです。出張に行き、会食が続くと、年齢が年齢なんですぐに2、3kg体重が増えてしまう。でもそのときに我慢せず食べられるのは『帰国したらボクシングで落とせる』という安心感があるから。忙しくなると通えるのが2カ月に1度になってしまうこともありますが、今の理想は週に1〜2度。バーチャルボクシングで得られる高揚感は、学生時代にドラムを叩いていたとき以来のもの(笑)。楽しいし、気持ちがいいから、私も一生続けるつもりです」

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。