からだ
くらし

飛田和緒さんに教わる、残った「おでん」で作るクリームシチューのレシピ。

あったかヘルシー、人気のおでん。でもご飯はどう食べる? 副菜は? 余ったら? と小さな悩みも。いい技、ありますよ。
  • 撮影・小林キユウ 文・一澤ひらり

牛乳ベースでまろやか、ホッとする和風シチュー。

クリームシチュー

【材料と作り方】
大根、こんにゃく、うずらの卵、ちくわぶ、たこ、里芋、トマト、くるくるキャベツを好みで小鍋に入れ、おでんの汁1カップ、ソーセージ2本、牛乳1カップを加えて火にかけ、ふつふつしてきたら弱火で温める。味をみて塩でととのえ、片栗粉小さじ2を水大さじ1でといた水溶き片栗粉を合わせてとろみをつける。

●「おでんは2日目もおいしいけれど、ちょっと飽きてしまったらカレーやシチューにすると目先が変わって喜ばれます。シチューはおでんの汁と牛乳のハーフ&ハーフにすると、だしの効いた和風クリームシチューになります」。水溶き片栗粉でとろみをつけるので、ホワイトソースを作る手間がなく、手軽にできるのもうれしい。

飛田和緒(ひだ・かずを)さん●料理家。日々の暮らしの身近な食材で作る、滋味あふれるレシピが人気。著書に『飛田和緒のうちごはん』など。

*特に材料に記載のないものは、作りやすい分量です。

『クロワッサン』1012号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。