からだ

女性ホルモン剤と体質に合わせる漢方。

女性ホルモンは女性の健康の“お守り”的存在。その大切さから、減少する年代での対処法まで、誌上「ホルモン塾」開講です。
  • 撮影・青木和義 文・小沢緑子

女性ホルモン剤と体質に合わせる漢方。

女性ホルモン剤の処方は、生理がある40代は「低用量ピル(OC)」か「LEP(低用量エストロゲン+プロゲステロン)」を、閉経前後は「ホルモン補充療法(HRT)」を使うことが一般的。HRTはエストロゲンとプロゲステロン(正式には薬剤の黄体ホルモンは、プロゲストーゲンという)の2つの女性ホルモン剤を組み合わせるか、両方が含まれた合剤を使用する。飲み薬、塗り薬、貼り薬などの種類があり、いずれも女性外来や婦人科で処方。漢方薬は、処方薬のほか、薬局などで手に入る第2類医薬品も。同じ症状でも使うべき漢方薬が異なることもあるので、体質に合ったものを選ぼう。

ホルモン補充療法

エストロゲン(卵胞ホルモン)単剤

女性ホルモンの一つ、エストロゲンだけを配合した単剤。飲み薬、塗り薬、貼り薬があり、たとえば肌が弱い人は飲み薬、胃や肝臓が弱ければ皮膚から吸収される塗り薬や貼り薬など、医師との相談で好みで使い分ける人も。

飲む錠剤タイプ
皮膚に塗るジェルタイプ
皮膚に貼るパッチタイプ
飲む錠剤タイプ
皮膚に塗るジェルタイプ
皮膚に貼るパッチタイプ

エストロゲン(卵胞ホルモン)・プロゲステロン(黄体ホルモン)配合剤

エストロゲンとプロゲステロンの両方を配合した合剤。この1タイプだけで使用できるので、組み合わせは必要なし。

飲む錠剤タイプ
皮膚に直接貼るパッチタイプ
飲む錠剤タイプ
皮膚に直接貼るパッチタイプ

プロゲステロン(黄体ホルモン)製剤

プロゲステロンのみを配合。エストロゲンの単剤と組み合わせて使うことが一般的。

飲む錠剤タイプ
女性外来や婦人科で子宮内に挿入して装着するタイプ
飲む錠剤タイプ
女性外来や婦人科で子宮内に挿入して装着するタイプ
1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。