くらし

「CASIOPEA 3rd」ギタリストの野呂一生さんが手みやげに推薦!『チリワイン』のロス ヴァスコス ソーヴィニヨン·ブラン。

  • 撮影・黒川ひろみ 文・嶌 陽子

さっぱりした風味のワインを、深夜の曲作りのお供に。

日本を代表するフュージョンバンド、カシオペアは、今年でデビュー40周年。ギタリストの野呂一生さんは、バンドのリーダーとして、また500曲以上を作曲してきたメインコンポーザーとして、第一線を走り続けてきた。7月に最新アルバムをリリース、夏の全国ツアーも控えるなど、今も多忙な日々だ。

「ライブは体力を使うので、暇を見つけてはよく歩くようにしています。多い時は3kmくらい。歩くリズムにのってメロディが浮かんでくることもあるし、黄昏時の景色を見ながら散歩していると、曲のイメージが浮かびやすいんです」

40年を振り返ると「あっという間だった」と語る野呂さん。これまでにライブツアーで世界各地を訪れてきた。

「ブラジルを2週間ほどかけて縦断した時は、同じ国なのに土地によって民族が全然違うのに驚きました。味の思い出で言えば、スイスの山のレストランで食べた“ラクレット”。熱々のポテトに、溶かしたチーズをかけて食べるのが、白ワインとよく合って。忘れられない味ですね」

お酒の中でもワインが一番好きで、10年以上前からもっぱら白ワイン党だ。チリのワイナリー、ロス ヴァスコスのソーヴィニヨン・ブランは、数年前に知り合いのワインバーで出合った。

「飲み口がさっぱりしていておいしかったんです。値段がお手頃なところもいい。お酒好きなミュージシャンの楽屋見舞いにしたりしています」

野呂さん自身、このワインを自宅で楽しむことも多い。

「僕は宵っ張りで、翌朝に仕事がない時は深夜まで起きています。作曲は皆が寝静まってからのほうがはかどるんですよ。曲作りの合間に少しずつ飲んだり、作曲をしない日でも、これをお供にYouTubeで昔の演奏家のプレイを見たり。とてもリラックスできる時間ですね」

野呂一生(のろ・いっせい)さん
「CASIOPEA 3rd」ギタリスト
1957年、東京都生まれ。’79年にファーストアルバム『カシオペア』を発表。以来、国内外で高い評価を得る。7月にニューアルバム『PANSPERMIA』を発表。7月27日より全国ツアー開始。詳しくは、http://www.casiopea.co.jpminamialps-net.jp

●ロス ヴァスコス ソーヴィニヨン・ブラン750ml 1,250円。チリでも屈指の白ブドウ名産地の優良生産者のブドウを使用。樽熟せずフレッシュに仕上げている。程よいコクとスッキリとした酸味が特徴。購入は「酒類の総合専門店フェリシティー」(https://www.miraido-onlineshop.com/item/1-los-vascos-sb/)にて。

『クロワッサン』1002号より

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE