くらし

【紫原明子のお悩み相談】自分のことがよくわからなくなってしまいました。

『家族無計画』や『りこんのこども』などの著書があるエッセイストの紫原明子さんが読者のお悩みに答える連載。今回は自分がうまく見つけられないという相談が寄せられました。

<お悩み>
はじめまして。 相談させてください。 私は自分の事がよく分からないのです。
性格診断テストをしても、その時々で自分の考え方が変わっているようで解答に困ります。 意思が弱く他人に影響されすぎているのだと思います。初めて行った飲食店でメニュー選びに時間がかかるタイプです。
ただ学生時代はもっと意思が強かったんです。
「自分はこういう人間だ!それは悪い事だ!それは嫌いだ!」という意識がちゃんとありました。
ですが、現在は「なるほど、そういう意見もあるのね」「私が本当に正しいとは限らないな」と考えに考えて正解が分からず疲れてしまう事が多くなりました。
今でもこれだけは譲れない!といった事もあります。 例えば、イジメは絶対にダメ!などです。ただ人よりそういった「絶対譲れない!絶対こうだ!」といった気持ちが薄いようです。
自分を見つける為に瞑想や心理学にも挑戦しましたが、それもフワフワとしたものになってしまいました。 きちんと伝わる相談になっているか心配ですが、明子さんのアドバイスがいただけたら嬉しいです。
(相談者:ふわこ/女性/30代/未婚女性。)

紫原明子さんの回答

ふわこさんこんにちは。
お手紙ありがとうございます。きちんと伝わりました!
そして真っ先にプールを思い浮かべました。

たとえば、25mプールがどれくらいの大きさかと聞かれたら、最初から最後までまっすぐ泳いで25mですってすぐに答えられます。でも、たとえば太平洋がどれくらいの大きさかって聞かれたら、簡単には答えられないですよね。

小さくて、シンプルな形のものなら、そのサイズや形を簡単に把握したり、定義できたりします。でも、大きくて、複雑な形のものは、そうはいきません。

ふわこさんはきっと今日まで、沢山のものを見て、沢山の経験を積んで、自分の内側の世界を、以前の何倍にも広げて来られたのでしょう。
ふわこさんの内側の世界が、広く、大きく、複雑になったから、ふわこさん自身のことも、またふわこさんを通して見た世界のことも、以前よりもふわふわとして掴みどころがない、簡単には把握できないものになってしまったのではないでしょうか。

それって、全然わるいことじゃないですよね。

小さくて、シンプルだった頃の自分では見えなかった、たくさんの人の事情や、感情、それから自分自身のこと、そういったことが、より解像度高く見えるようになったということです。そしてそれを簡単には切り捨てず、その都度、きちんと取り合おうとされているということです。ふわこさん、素晴らしい方じゃないですか。

物事をすぐにシンプルにしたがる人、簡単に判断する人を、私はあまり積極的に信用しないようにしています。それよりも、世の中が複雑であることから逃げず、沢山の疑問や戸惑いを持つことに耐えられる人、時間がかかっても自分で考え、暫定的な解を見つけながら、違ったとわかればまた考える、そうやって、はっきりしない自分を抱え続けていける人を、信用することにしています。

だからつくづく、今で良かったなあと思いました。
こうしてご縁をいただいたのが、学生時代のふわこさんでなく、今のふわこさんで、本当に良かったです。

紫原明子さんへのお悩み相談はこちらから!

イラスト:わかる

紫原明子● 1982年、福岡県生まれ。個人ブログが話題になり、数々のウェブ媒体などに寄稿。2人の子と暮らすシングルマザーでもある。Twitter

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE