くらし

皆が使ってみて実感した、機能も見た目も優秀な道具と器はこれ。

日々の料理の頼もしい相棒、食卓を演出するのに欠かせないものとは。それぞれのライフスタイルに合った、愛用の道具や器を紹介します。
  • 撮影・徳永 彩 文・嶌 陽子

毎日食べるご飯をとびきりおいしくするお米にまつわる道具。

1.北口物産 亀印文化鍋
「軽くて扱いやすく、土鍋に比べると炊飯時間も短い。さっぱりと炊き上がるのも好み」(冨田ただすけさん)。18cm〈約3.5合〉5,000円(キッチンワールドTDI TEL.03-5827-3355)

2.栗久 おひつ
「炊く際の水加減を少し失敗しても、これが帳消しにしてくれる。とにかくご飯がおいしく、娘も以前より食べるように」(深澤里奈さん)。5合用 4万6000円(栗久 TEL.0186-42-0514)

3.ウルシヤマ金属工業 謹製釜炊き三昧
「ガスコンロで使える羽釜。細やかな設計により、シャッキリとした粒立ちのよいご飯が手軽に炊けます」(しらいのりこさん)。2合炊き、3合炊きもあり。5合炊き 1万円(ウルシヤマ金属工業 TEL.0256-73-3500)

調理がぐんと楽に。機能性ばつぐんのキッチンツール。

4.ル・クルーゼ ワインオープナー
「スクリューをコルクに挿して回すだけの簡単操作がいい。軽いのも魅力」(阿部絢子さん)。ポケットモデル・PM100 ブラック 2,300円(ル・クルーゼ ジャポン www.lecreuset.co.jp

5.ヨシタ手工業デザイン室 レードル
「ステンレス製で清潔感のある、潔いデザイン。一見すくう部分が小さく思うけど、実は注ぎやすさばつぐんです」(引田かおりさん)。3,500円(ヨシタ手工業デザイン室 TEL.042-315-5727)

6.ストウブ ラウンドティーポット
「お湯を沸かすケトル代わりに使用中。保温力が高く、蓋が大きいので洗いやすい」(関根由美子さん)。ブラック 2万6000円(ツヴィリング J.A. ヘンケルス ジャパン TEL.0120-75-7155)

7.マイクロプレイン プレミアムシリーズ ゼスターグレーター
「チーズやレモンの皮などを直接料理の上で力を入れず楽におろせる。生姜などの薬味をおろす際にも重宝。お手入れも楽」(髙山泰子さん)。長尾智子さんも愛用しているそう。全12色。3,000円(池商 TEL.042-795-4311)

8.ポーレックス コーヒーミル
「セラミック刃で摩耗しにくく、刃を取り外して水洗いできるのでにおいも残らない。挽き具合を調整できる機能もいい」(栖原七重さん)。5,800円(ジャパンポーレックス TEL.072-724-0250)

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE