くらし

イラストレーターのクレメンス・メッツラーさんが手みやげに推薦!『MEAT&DELICATESSEN わたせい』の和牛熟成白カビサラミ。

  • 撮影・青木和義 文・嶌 陽子

口にするたび、故郷ドイツの思い出がよみがえる。

約20年前に来日して以来、雑誌や広告など、幅広い分野で活躍するイラストレーターのクレメンス・メッツラーさん。今回挙げてくれたサラミは、故郷ドイツでの思い出と強く結びついている。

「ドイツには昼は温かい食事をとり、夕食は火を使わず、パンとソーセージ、チーズなどで軽く済ませるという習慣がありました。ソーセージの種類は膨大で、サラミもそのひとつです。僕が子どもの頃から大好きだったのが、近所の肉屋さんのサラミ。よく祖母のおつかいにも行っていました。その店は今もあって、帰省のたびに立ち寄ります」

18歳くらいの頃、友だちと2人で3週間ほどかけてハンガリーまで初めてヒッチハイクを決行。その際、リュックサックに缶詰などと一緒に詰めたのも、その店のサラミだったという。

「その後も旅に出かける時は、いつもサラミを持って行きました」

日本に来てから、なかなか「これ」というサラミを見つけられなかった中、『わたせい』の和牛熟成白カビサラミを日本人の妻が見つけてきた。
「これは子どもの頃から好きなサラミの味に近いです。噛めば噛むほどおいしい。ドイツパンの上にトマトやピクルスと一緒に乗せて食べることが多いですね。もちろん、ビールと一緒にいただきます」

このサラミを食べていると懐かしい気持ちになるというメッツラーさん。

「子どもの頃、金曜日のランチは祖母の家で食べる豆やじゃがいものスープと決まっていて。それと一緒にスライスしたサラミをつまんだのがおいしかったな」

肉屋さんの壁のタイルや天井がきれいだったこと。夏休み、友だちとのバーベキューパーティーにもサラミを手みやげに持って行ったこと。旨みの詰まったサラミを噛むうちに、ドイツで過ごした日々の記憶が次々とあふれてくるようだ。

クレメンス・メッツラーさん
イラストレーター
1965年、ドイツ生まれ。大学ではグラフィックデザインを専攻。1998年に来日し、墨やペン、和紙などを用いた繊細で緻密な画風で、雑誌や広告のイラストを数多く手がける。現在、愛知県在住。

MEAT&DELICATESSEN わたせい●栃木県宇都宮市東宿郷5-5-6 TEL.028-634-3474(本社) 和牛熟成白カビサラミは150g1,600円(税込み)。和牛の赤身と国産那須豚の脂身をバランスよく挽き、豚腸に詰めて熟成。賞味期限は冷蔵で60日。「とちぎ和牛グルメショップ 渡清」(TEL.028-639-5533)で販売しているほか、yahoo!
や楽天など、ネット通販でも購入可能。

『クロワッサン』1000号より

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE