くらし

ものづくりに没頭するひとときを。土屋鞄のワークショップ「革のパスケース」づくりが開催。

土屋鞄製造所はレザークラフトが体験できるワークショップを、7月12日(金)~8月31日(土)の期間、土屋鞄製造所 白金店・鎌倉店・京都店・軽井澤工房店の4店舗で開催する。夏の週末、ゆっくりとものづくりをする時間にひたってみて。

今回のワークショップのために土屋鞄の鞄職人とデザイナーが考えた、日常使いにぴったりの「革のパスケース」。自分でつくるオリジナルの1点を長く使えるよう、時間を重ねても飽きがこないシンプルなデザインを採用。

整理しやすい4つのポケットと、カードや名刺をさっと挟めるスリットも付いた使い心地の良さも魅力。

本体の革と縫い糸は、それぞれ3色の中から選べる。
本体の素材は、張りがあって、ナチュラルな風合いが楽しめる牛革。今回は、使いやすいベーシックカラーの“茶色”、エイジングを存分に楽しめる“ベージュ”、アクセントカラーになる“ブルー”の3色を用意。縫い糸も、どの色の革とも相性が良い落ち着いた色味だ。

ワークショップ開催店舗

『白金店』都会の喧騒を忘れさせる緑豊かな白金エリア、北里通り商店会にある三角屋根が目印の白金店。3フロアの広々とした店内は、空中庭園もあり光のあふれる空間。
『鎌倉店』鎌倉駅から由比ガ浜方面へ、徒歩10分。鎌倉に息づく禅宗様を意識したつくりの店内。革との調和を求め、左官職人が仕上げた漆喰の壁など、こだわりが随所に詰まっている。
『京都店』烏丸御池駅から徒歩3分。賑やかな三条通りから、路地を北に少し歩くと見えてくるレンガの壁が目印。アンティークな雰囲気の扉を開けば、革の香りが漂う。
『軽井澤工房店』土屋鞄創業50周年を記念して、2015年に緑溢れる軽井沢の地にオープンした「軽井澤工房」に併設する店舗。※軽井澤工房店では、土屋鞄の職人もワークショップに参加予定。
『白金店』都会の喧騒を忘れさせる緑豊かな白金エリア、北里通り商店会にある三角屋根が目印の白金店。3フロアの広々とした店内は、空中庭園もあり光のあふれる空間。
『鎌倉店』鎌倉駅から由比ガ浜方面へ、徒歩10分。鎌倉に息づく禅宗様を意識したつくりの店内。革との調和を求め、左官職人が仕上げた漆喰の壁など、こだわりが随所に詰まっている。
『京都店』烏丸御池駅から徒歩3分。賑やかな三条通りから、路地を北に少し歩くと見えてくるレンガの壁が目印。アンティークな雰囲気の扉を開けば、革の香りが漂う。
『軽井澤工房店』土屋鞄創業50周年を記念して、2015年に緑溢れる軽井沢の地にオープンした「軽井澤工房」に併設する店舗。※軽井澤工房店では、土屋鞄の職人もワークショップに参加予定。

『土屋鞄のワークショップ』
開催日:7月12日(金)~8月31日(土)の金・土・日・祝日
    (軽井澤工房店のみ土・日・祝日のみ開催)
開催時間:白金店・京都店
     [午前の部]11時30分~14時30分[午後の部]15時30分~18時30分 
     鎌倉店・軽井澤工房店
     [午前の部]10時30分~13時30分[午後の部]14時30分~17時30分
参加費:4,000円(税込、キット代含む)/ 要予約
予約受付:7月1日(月)12時~
対象:中学生以上
定員:各回8名/予約順
[問い合わせ先]
電話:0120-907-647(平日10時~17時)
メール:support@tsuchiya-kaban.com

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。