暮らしに役立つ、知恵がある。

 

大人の女性にこそふさわしい、味わい深い東京の名居酒屋。

バーではない、もちろんレストランでもない。人はなぜ居酒屋に通うのか? その奥深い魅力について通が解説。屈指の名店情報とともにお届けしましょう。

撮影・青木和義、文・池田祐美子

この日の 「シンスケ」の料理。

【天然鯛の 塩ウニ和え】甘い身の天然鯛のお造りは、塩ウニをちょっとのせて旨みをプラス。1,250円。
【天然鯛の 塩ウニ和え】甘い身の天然鯛のお造りは、塩ウニをちょっとのせて旨みをプラス。1,250円。
【アナゴの天ぷら 菜の花あん】サクサクとした食感のアナゴの天ぷらと、菜の花と生麩入りあん。1,000円。
【アナゴの天ぷら 菜の花あん】サクサクとした食感のアナゴの天ぷらと、菜の花と生麩入りあん。1,000円。
【新そらまめの 酒蒸し】焼かないため鮮やかな緑色も粋。ふっくらほくほくの仕上がり。800円。
【新そらまめの 酒蒸し】焼かないため鮮やかな緑色も粋。ふっくらほくほくの仕上がり。800円。
【春せりの ゴマ和え】シャキシャキとした歯ごたえと爽やかな香りのせりは春の味覚。650円。
【春せりの ゴマ和え】シャキシャキとした歯ごたえと爽やかな香りのせりは春の味覚。650円。
【このわたと 新このこ ハーフ&ハーフ】日本酒好き垂涎のつまみをダブルで味わえる、気の利いた逸品。1,000円。
【このわたと 新このこ ハーフ&ハーフ】日本酒好き垂涎のつまみをダブルで味わえる、気の利いた逸品。1,000円。
【天然鯛の 塩ウニ和え】甘い身の天然鯛のお造りは、塩ウニをちょっとのせて旨みをプラス。1,250円。
【アナゴの天ぷら 菜の花あん】サクサクとした食感のアナゴの天ぷらと、菜の花と生麩入りあん。1,000円。
【新そらまめの 酒蒸し】焼かないため鮮やかな緑色も粋。ふっくらほくほくの仕上がり。800円。
【春せりの ゴマ和え】シャキシャキとした歯ごたえと爽やかな香りのせりは春の味覚。650円。
【このわたと 新このこ ハーフ&ハーフ】日本酒好き垂涎のつまみをダブルで味わえる、気の利いた逸品。1,000円。

【湯島】シンスケ

東京の居酒屋文化を牽引する一軒。
東京の居酒屋文化を牽引する一軒。
大人の女性にこそふさわしい、味わい深い東京の名居酒屋。
東京の居酒屋文化を牽引する一軒。
大人の女性にこそふさわしい、味わい深い東京の名居酒屋。

創業は大正14年。三代目と四代目が暖簾を守る老舗。すらりとカウンターがのびる1階と、予約可能なテーブル席の2階がある。日本酒は秋田の「両関」1銘柄のみ。4月末まで樽酒も。毎夜、和やかな話し声が店内を満たす。

●東京都文京区湯島3-31-5 TEL.03-3832-0469 営業時間:17時〜21時LO(土曜〜20時LO) 日曜、祝日休

[ほかにもこんな居酒屋が好きです。]

藤井さんが贔屓にしているお店

●潮待ち(しおまち)(代々木上原)
「移転前より10年来のお付き合い、お気に入り店です。魚料理のおいしさが秀逸。ずっと応援したい」

●丸千葉(まるちば)(南千住)
「壁一面にメニュー。今食べたいと思えるお料理の品揃えがたくさんあります。ガヤガヤとした雰囲気も好き」

●江戸一(えどいち)(大塚)
「東京三大居酒屋に数えられる名店。お料理は老舗ならではのお品書き多し。大人のひとり飲みに」

井澤さんのひとり湯島シリーズ

●こなから(御茶ノ水)
「オリジナリティあふれるおでん種がおいしい名店。毎日炊く出汁の味は本当に素晴らしいと思う」

●七福神岩手屋(しちふくじんいわてや)(湯島)
「旬の季節には多種の山菜料理が楽しめます。何十年も通う常連さんが白木のカウンターに集う」

●桑名(くわな)(湯島)
「鮮度の良い魚介や野菜が美味。串焼きは、カリッと焼かれる鰻のクリカラ焼きが絶品です」

井澤由美子(いざわ・ゆみこ)●料理研究家、調理師。発酵食、薬膳に造詣が深く、レモン塩、乳酸キャベツブームの立役者。著書に『6大発酵食レシピ。』など。NHK『きょうの料理』『あさイチ』に出演中。

藤井 恵(ふじい・めぐみ)●料理研究家、管理栄養士。“家族の元気は食卓から”がモットー。家庭で作りやすいレシピを多数手がける。著書に『飲める献立』など。『キユーピー3分クッキング』に出演中。

『クロワッサン』995号より

02 / 02
  1. HOME
  2. くらし
  3. 大人の女性にこそふさわしい、味わい深い東京の名居酒屋。

人気ランキング

  • 最 新
  • 週 間
  • 月 間

注目の記事

編集部のイチオシ!

オススメの連載