くらし

【六本木】気になる展覧会を巡って、心ゆくまでアート三昧の1日を。

お目当ての展覧会を観て、とんぼ返りじゃもったいない! 陽気のいい季節、美術館からスタートする街歩きを楽しんでみませんか。
  • 撮影・中垣美沙 文・黒澤 彩

今や上野公園界隈と並ぶアートの街としておなじみの六本木。広大な敷地に立つ国立新美術館を筆頭に、歩いて回れるエリア内にいくつもの美術館やギャラリーが点在している。なので、見逃したくない展覧会が同時に開催されているときは、朝からハシゴするのがおすすめ。歩いてみると、大きな商業施設には意外と緑が多く、新緑の季節には散歩も心地いい。夜の六本木とはまったく違う街の表情に出合える。

国立新美術館

エゴン・シーレ 《自画像》 1911年 ウィーン・ミュージアム蔵 (C)Wien Museum / Foto Peter Kainz
マクシミリアン・クルツヴァイル 《黄色いドレスの女性(画家の妻)》  1899年 ウィーン・ミュージアム蔵  (C)Wien Museum / Foto Peter Kainz
グスタフ・クリムト 《エミーリエ・フレーゲの肖像》 1902年 ウィーン・ミュージアム蔵  (C)Wien Museum / Foto Peter Kainz
エゴン・シーレ 《自画像》 1911年 ウィーン・ミュージアム蔵 (C)Wien Museum / Foto Peter Kainz
マクシミリアン・クルツヴァイル 《黄色いドレスの女性(画家の妻)》  1899年 ウィーン・ミュージアム蔵  (C)Wien Museum / Foto Peter Kainz
グスタフ・クリムト 《エミーリエ・フレーゲの肖像》 1902年 ウィーン・ミュージアム蔵  (C)Wien Museum / Foto Peter Kainz

芸術の都ウィーンから、モダニズムの傑作が来日。

ガラスのカーテンウォールが目を引く建物は、黒川紀章氏の生前最後に完成した美術館建築としても有名。国内最大級の展示スペースを誇り、コレクションを持たずに多彩な企画展を開催している。この春は、グスタフ・クリムト、エゴン・シーレらの絵画で知られる、ウィーンのモダンアートを紹介する展覧会に注目。19世紀末のウィーンでは、建築、デザイン、インテリア、ファッションといった分野を超えて芸術運動が盛んになり、そこから生まれた装飾性豊かな作品は、後に「世紀末芸術」と呼ばれた。ウィーン・ミュージアムの所蔵品を中心とした約400点で、世紀末芸術の傑作と、そこに至る歴史的背景をたどる。

1国立新美術館。波打つカーブがひときわ目をひく外観。
スーベニアフロムトーキョー(1F、B1)。書籍からファッション小物や工芸品まで、独自のセレクトで“東京”を表現した豊富な品揃えのミュージアムショップ。店内のSFT GALLERYで『うつわベーシック 碗と椀』開催中。TEL.03-6812-9933 営業時間:10時〜18時(金・土曜〜20時) 火曜休
ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ(3F)。フランス・リヨンに本店がある『ポール・ボキューズ』のブラッスリー日本1号店。開放的な店内で正統派のリヨン料理が堪能できる。写真はランチコース(2,200円〜)より、「味わい葡萄牛肩ロース肉のグリエ」。TEL.03-5770-8161 営業時間:11時〜21時(19時30分L.O.)、金曜〜22時(20時30分L.O.) 火曜休
1国立新美術館。波打つカーブがひときわ目をひく外観。
スーベニアフロムトーキョー(1F、B1)。書籍からファッション小物や工芸品まで、独自のセレクトで“東京”を表現した豊富な品揃えのミュージアムショップ。店内のSFT GALLERYで『うつわベーシック 碗と椀』開催中。TEL.03-6812-9933 営業時間:10時〜18時(金・土曜〜20時) 火曜休
ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ(3F)。フランス・リヨンに本店がある『ポール・ボキューズ』のブラッスリー日本1号店。開放的な店内で正統派のリヨン料理が堪能できる。写真はランチコース(2,200円〜)より、「味わい葡萄牛肩ロース肉のグリエ」。TEL.03-5770-8161 営業時間:11時〜21時(19時30分L.O.)、金曜〜22時(20時30分L.O.) 火曜休

『ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道』
4月24日(水)〜8月5日(月) 火曜休館(4月30日は開館) 10時〜18時(4月28日〜5月2日、5月5日、4・5・6月の金・土曜〜20時。5月25日〜22時。7・8月の金・土曜〜21時) 料金・一般1,600円
●東京都港区六本木7-22-2 TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)

complex665

小山登美夫ギャラリーでの『福井 篤』展(3月に終了)の風景。

3つの現代アートギャラリーが集結。

日本のアート業界を牽引する3つのギャラリー、「小山登美夫ギャラリー」「ShugoArts」「タカ・イシイギャラリー」が入る建物。1カ所で3展示も見られるので忙しい人にも好都合では? それぞれの所属アーティストによる個展を中心に、グループ展なども開かれる。ギャラリーは入りづらいイメージがあるかもしれないが、実はとても気軽にアートと出合える場所。人気作家の新作をいち早く見られたり、初めてお披露目される若手作家をチェックできるのも醍醐味だ。基本的に、展示されている作品は購入もできるので、コレクター目線で作品を鑑賞する楽しみも。

米田知子 Entwined - Trees in the middle of a former trench at the Battle of the Marne 2017 copyright the artist. courtesy of ShugoArts

●東京都港区六本木6・5・24 11時〜19時 日・月曜、祝日休館 入場無料

小山登美夫ギャラリー(2F)
TEL.03-6434-7225
トム・サックス『Smutshow』
4月20日(土)〜5月25日(土)
ShugoArts(2F)
TEL.03-6447-2234
米田知子『アルベール・カミュとの対話』
4月13日(土)〜5月25日(土)
タカ・イシイギャラリー(3F)
TEL.03-6434-7010
グループ展 〜4月27日(土)
荒木経惟展 5月25日(土)〜

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。