くらし

飾り方や置く場所を考えてみよう。【グリーンがある暮らし】

眺めるだけでストレスが軽減されるというのは、もはや定説。負担なく楽しくグリーンと暮らしてみませんか?  
庭師、草盆栽家の砂森 聡さんに教わります。
  • 撮影・柳原久子

それぞれのグリーンに合わせて、飾り方や置く場所を考えてみる。

ひとつの鉢も 見せ方により、 表情が変わる。

同じ植物でも、どんな鉢に入れるかはもちろん、見る角度によって印象が異なるのもおもしろいところ。オーソドックスに受け皿に置く、少し高さを出して置く、これだけでも目線が変わる。ときには、透明なガラス越しに眺める、という技もあり。

「ガラスなどの容器に植物を植えて育てるテラリウムのような感覚で、より手軽に楽しむことができます。植物を植え込んでしまうとメンテナンスが大変ですが、ガラスの容器に小さな鉢ごと入れてしまえば手入れも簡単。それでいて、宝物っぽく、小宇宙のような世界ができます」

また、インテリアとして人気の高い苔玉も、吊るしたり、置いたりとさまざまな形で楽しむことができる。

「ハーブや、アイビーのような枝やつるが伸びるタイプなら、吊るしてもこんもりしてかわいいし、縁高な容器にちょこんと置いてもいい。その場合は、余白をもたせるようにして」

小さなシクラメンの鉢を、 受け皿や台にのせ、和の設えに。

原種シクラメンの中でも、花が小さくハート形の葉が愛らしいコウム。こちらは、底に穴を開けた湯呑みに苔とともに植えている。
受け皿は、木やアルミのような素材でもおもしろい。
鉢を入れるガラス容器は、蓋つきなら乾燥を防いで湿度を保つ利点も。
原種シクラメンの中でも、花が小さくハート形の葉が愛らしいコウム。こちらは、底に穴を開けた湯呑みに苔とともに植えている。
受け皿は、木やアルミのような素材でもおもしろい。
鉢を入れるガラス容器は、蓋つきなら乾燥を防いで湿度を保つ利点も。

枝が自在に伸びる植物は、吊るしても置いても表情豊か。

タイムを植え込んだ苔玉は、ハンギングなら和洋問わず、どんなインテリアにもなじむ。
枝ぶりを生かして縁高な和の容器に置くだけで、またぐっと異なる雰囲気に。
タイムを植え込んだ苔玉は、ハンギングなら和洋問わず、どんなインテリアにもなじむ。
枝ぶりを生かして縁高な和の容器に置くだけで、またぐっと異なる雰囲気に。

砂森 聡(すなもり・さとし)●庭師、草盆栽家。個人宅などの庭づくりから管理までを行う傍ら、東京・西荻窪、吉祥寺に店舗を構える。インスタグラム:@suna_isso

撮影協力:吉祥寺 ひとくさ/くろもじ珈琲
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-14-7 第二高島荘  TEL.0422-27-2732 賚12時〜18時 水・木曜休み 店内には、珍しい山野草や季節の切り花が並ぶ。奥には、カフェも併設。インスタグラム:@hitokusa_kuromojicoffee

『クロワッサン』994号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE