くらし

ほうれんそうののり和えのレシピ【ツレヅレハナコさんに習う台湾食材料理】

旅先で食材を買っても使いこなせなかった経験、ありませんか? 旅好き料理好きなツレヅレハナコさんに台湾食材料理を習います。
  • 撮影・馬場わかな スタイリング・佐々木カナコ 文・河野友紀 協力・堀 由美子

ほうれん草に負けない香りと食感。

ごま油と黒酢を使った中華風の和え物は、のりの噛みごたえを楽しめる一品。「ほうれん草と同じくらい、いやそれ以上に厚みがあり、食べごたえのあるおかずに仕上がります」

【材料(2人分)】
紫菜(のり/乾燥)8g ほうれん草(小)1把 合わせ酢[しょうがのすりおろし1かけ分 しょうゆ、黒酢各大さじ1 ごま油大さじ1/2] 塩少々

【作り方】
1.のりはたっぷりの水で戻す。ざるにあげて水気をきり、さらに厚手のペーパータオルに包んで絞ってしっかりと水気をきる。ほうれん草は塩ゆでし、3cm長さに切る。
2.ボウルにのり、合わせ酢の材料を混ぜ、ほうれん草を加えて和える。

ツレヅレハナコ●編集者。出版社での料理本編集などを経て、フリーランスに。『ツレヅレハナコの薬味づくしおつまみ帖』(PHP出版)など、料理にまつわる著書多数。

『クロワッサン』993号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。