くらし

【牛肉とアボカドのフレンチベトナム風のレシピ】上田淳子さんのがんばらない料理。

スーパーなどで簡単に手に入るクッキングペーパーは、隠れた万能調理道具。材料を並べて紙で包んで加熱するだけ。お皿も汚れない手間なし料理。簡単紙包み料理をぜひマスターして。
  • 撮影・青木和義 文・斎藤理子

エスニックな牛肉料理が あっという間に完成。

アボカドを加えてボリュームアップ。
アボカドを加えてボリュームアップ。

電子レンジ:最適◎
フライパン:可能◯

【材料(1人分)】
牛すき焼き用肉100g、アボカド1/2個、ナンプラー小さじ1、一味唐辛子少々、ミックスナッツ(粗く刻んだもの)大さじ1、香菜適量、ライム1/6個

【作り方】
1.牛肉、アボカドは食べやすい大きさに切る。
2.クッキングぺーパーに1を並べ、ナンプラーと一味唐辛子をかけて包む。
3.200度に予熱したオーブンで7~8分焼く。
4. 3を取り出して皿に盛り付け、ナッツを散らし、香菜をのせてライムを搾る。

*フライパン蒸し6分でも可。
*電子レンジやオーブンの調理時間は目安です。製品によって異なるので各ご家庭で調整してください。

上田淳子(うえだ・じゅんこ)●料理研究家。フランスなどで経験を重ね、帰国後は本格フレンチから家庭料理まで幅広くこなす。著書に『並べて包んで焼くだけレシピ』(主婦と生活社)など。

『クロワッサン』991号より

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE