くらし

進化する電気鍋の実力は? 料理家のレシピ付きで紹介します。

今どきの便利なものを集めました。それぞれの個性の違いとおすすめポイント付きで紹介します。
  • 撮影・黒川ひろみ 文・古屋美枝

今いちばん欲しい、進化している電気鍋。 料理家が実際に調理して実力をチェックしました。

材料を入れてボタンを押すだけで、時間のかかる煮込み料理や手間のかかる炒め物が作れる電気鍋。料理家のみないきぬこさんに、今注目の電気鍋で料理を作ってもらい、個性の違いとおすすめポイントを聞いてみた。

「パナソニックは、昔ながらの圧力鍋感覚で使えて操作が簡単。圧が高いので、魚の骨などもほろほろになるまでうまく煮えます。シャープは炒め物ができるのが画期的で、ほったらかしにできるのがうれしい鍋。忙しい人や調理があまり得意でない人にもおすすめです。ティファールは内蔵レシピが豊富で親切なのと、かたまり肉も入る大容量が魅力。家族が多い人や作り置きしたい人にはぴったりだと思います」

●シンプルな使い心地ならこれ。圧力鍋を使い慣れた人にぴったり。
【パナソニック マイコン電気圧力なべ SR–P37】 

マイコン制御で、火加減と調理時間はお任せ。圧力鍋ならではの短時間調理で、食材の栄養を活かしたヘルシーな料理が作れる。

3万3000円*編集部調べ(パナソニックTEL:0120-878-365)
材料を入れたら、圧力と調理時間を設定してボタンを押すだけ。圧力表示ピンが上がったら完成。
3万3000円*編集部調べ(パナソニックTEL:0120-878-365)
材料を入れたら、圧力と調理時間を設定してボタンを押すだけ。圧力表示ピンが上がったら完成。

みないさんはこんな料理を展開!

*材料は作りやすい分量です。

鶏肉ともち麦のとろとろ煮

作り方

1.鶏ももブツ切り肉800gは、酒大さじ2、塩小さじ1、こしょう少々をもみ込む。長ねぎ1と1/2本(120g)は3cmの長さに切る。もち麦½カップはさっと洗う。
2.本体に鍋をセットし、「下ごしらえ」ボタン→スタートを押す。予熱が完了したらサラダ油小さじ1を入れ、鶏ももブツ切り肉の表面に軽く火を通す。
3.長ねぎ、もち麦、水2カップを加え、「高圧/15分」で調理する。
4.圧力表示ピンが下がったら、ふたを開ける。
5.塩少々で味を調える。

●かきまぜや火加減も自動で炒め物やシチューも簡単に。
【シャープ ヘルシオ ホットクック KN–HW16D】

無線LANに接続することで、メニューの検索・提案を音声や画面で案内してくれる。スマホで外出先からの一部操作も可能。

6万円*編集部調べ(シャープTEL:0120-078-178)
メニューに合わせて、最適なタイミングで鍋の中をかきまぜてくれる「まぜ技ユニット」付き。
6万円*編集部調べ(シャープTEL:0120-078-178)
メニューに合わせて、最適なタイミングで鍋の中をかきまぜてくれる「まぜ技ユニット」付き。

みないさんはこんな料理を展開!

*材料は作りやすい分量です。

魚介と野菜のエスニック炒め

作り方

1.するめいか1杯(350g、食べやすく切る)とブラックタイガー8尾(尾を残して殻をむき、背に切り込みを入れて背わたを取る)に、にんにくすりおろし・しょうがすりおろし各小さじ1/2、こしょう少々をもみ込んで片栗粉をまぶす。
2.エリンギ・赤ピーマン・いんげん各適量を食べやすく切る。
3.まぜ技ユニットを本体にセットする。
4.サラダ油小さじ1、ナンプラー・酢各大さじ1と1/2、砂糖大さじ1/2を混ぜておく。
5.内鍋に1、2、しょうが・赤唐辛子それぞれ刻んだもの各適量を入れて軽く混ぜ、4をまわしかける。
6.手動で作る→炒める→時間約4分→スタート。
7.器に盛り、好みでこしょうを振り、バジル、パクチーを添える。

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE