くらし

旬の越前蟹に甘海老フライ! 東京・青山「ふくい望洋楼」のふくい食文化体験。

東京・青山にある「ふくい望洋楼」で開催された、ふくいブランド講座。クロワッサンオンラインレポーターが、旬の越前蟹や若狭牛、寒ブリなど、福井の美味しい食文化を体験してきました。お酒がするする飲める、不思議なぐい飲みグラスにも出合えましたよ。
  • 写真・文 クロワッサンオンラインレポーター UKOARA
黄色いタグが目印のセイコガニ

「ふくい望洋楼」は、福井県三国町の老舗温泉旅館『望洋楼』の料理を東京で味わえる料亭。会場には越前蟹、三国湊甘海老、若狭牛など福井を代表する食材を使った料理が並びました。

まず、都内ではまずお目にかかれないであろう、三国湊甘海老のフライ。尻尾まで一口で食べられる海老フライは、味、サイズともに上品。次から次に口に運びたい程の美味しさです。そして、2017年に新しくブランド魚になった“若狭美浜寒ぶり・ひるが響”のお造りも登場。寒ブリといえば氷見が有名ですが、福井の脂ののった寒ブリも一度は食する価値があります。

三国湊甘海老フライ
若狭ローストビーフサラダ
若狭美浜寒ぶり・ひるが響のお造り
会場内が良い香りに包まれた越前蟹 焼き蟹
旨みが詰まった旬の越前蟹
メスの越前せいこ蟹は外子と和えて
越前せいこ蟹の手巻き寿司
福井を代表する酒「黒龍」の酒粕を使った、鰤の黒龍酒粕汁
三国湊甘海老フライ
若狭ローストビーフサラダ
若狭美浜寒ぶり・ひるが響のお造り
会場内が良い香りに包まれた越前蟹 焼き蟹
旨みが詰まった旬の越前蟹
メスの越前せいこ蟹は外子と和えて
越前せいこ蟹の手巻き寿司
福井を代表する酒「黒龍」の酒粕を使った、鰤の黒龍酒粕汁

そして、何よりお伝えしたいのは、大正14年創業・谷口屋の油揚げ。低温と高温の菜種油でじっくり揚げた大きな油揚げは、包丁で切り分ける時に「サクッ。」という音が聞こえるほど。外側はカリカリ、 中はふわふわジューシー、新鮮な菜種油が大豆の味を引き立てています。こんな油揚げは初めての体験です。福井すごい。

福井県は油揚げの消費額が全国一、こんなに美味しい油揚げならついつい食べすぎてしまうのも納得です。

きれいな色に揚がった谷口屋の油揚げ
外側はサクッ、カリッ!と香ばしさに驚きます
きれいな色に揚がった谷口屋の油揚げ
外側はサクッ、カリッ!と香ばしさに驚きます

福井の冬の風物詩といえば、丁稚羊羹とも呼ばれている水羊羹。福井県民は、こたつに入り木のヘラですくって食べるのだそう。この日は『御菓子処 伊瀬屋』『阿んま屋』『餅の田中屋』の3つの水羊羹を食べ比べします。色も味わいも違う水羊羹は、参加者の好みも分かれました。

どちらの水羊羹が好み?

福井は料理だけではありません。美味しいお酒、そして珍しいぐい飲みグラスも体験します。お米が美味しい福井はお酒も有名ですが、お酒をするする、美味しくおしゃれに飲める不思議なグラスが福井の山嘉商店の「Tri Tura」です。

職人さんが1点ずつ作る吹きガラスには目に見えない波があり、それにお酒が引っ掛かり分子が切れ、すっきりとした味わいになるのだそう。飲み口のガラスの薄さも味に影響します。そんな説明をされたら飲み比べずにはいられません。

ガラスと台座がセパレートするTri Tura
台座は越前塗り
福井といえばお酒も有名
普通のお猪口と飲み比べ
ワイングラスのようなエレガントさもあります
ガラスと台座がセパレートするTri Tura
台座は越前塗り
福井といえばお酒も有名
普通のお猪口と飲み比べ
ワイングラスのようなエレガントさもあります

同じお酒を普通のお猪口とTri Turaで飲み比べると……味が全然違う。これは面白い。Tri Turaだとするすると飲めてしまうのも不思議です。ワイングラスのようなエレガントさも追求した美しいぐい飲みグラスはお酒の席でのコミュニケーションも広がります。料理にお酒、ぐい飲みと、福井の食文化に魅了されたイベントでした。

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE