くらし

生放送中にUFOを呼ぶ!? そんな番組を懐かしむ。│しまおまほ「マイリトルラジオ」

昨年末、芸人のエスパー伊東が引退発表をした(その後引退を長期休養に撤回)。報道直後、SNSでは引退を惜しむ声、これまでの活躍を讃える声が書き込まれ、ニュースサイトで紹介された。わたしも感慨を覚え書き込みをしたうちの一人。

「エスパー伊東」の名前を初めて知ったのは、中学生の頃に聴いていたTBSラジオ「岸谷五朗の東京RADIO CLUB」。生放送中にUFOを呼ぶと高らかに宣言して登場したのがエスパー伊東だった。中学に上がってもクラスで唯一サンタを信じていたわたし。UFOが降りてくるのをハラハラしながら待った。しかし、UFOを呼ぶ合間に披露される芸は「曲がらないスプーン曲げ」など、怪しいものばかり……。

もちろん、UFOは現れず。レポーターの恵俊彰と岸谷に野次られながら放送は終了。しかしリスナーに強烈なインパクトを与えたエスパー伊東は、その後も登場した。

当時はエスパー伊東はおろか岸谷五朗も、恵俊彰も、ラジオでしか名前を聞かないタレントだった。岸谷五朗は「ウマヅラ」、恵俊彰は「デブ」キャラで、声とその情報だけで顔を想像しながら聴いていたものだった。何ヶ月もラジオを聴いていると、自分なりの想像した顔が定着してくるものだから、本人たちをテレビで初めて見た時の「なんか想像と違う!」感はすごい。

そしてエスパー伊東。初めて見た時、そのビジュアルもさることながら“イトウ”の“トウ”が“藤”ではなく“東”だったことがものすごく意外で、心に残ったのであった……。

しまお・まほ●エッセイスト、漫画家。1997年『女子高生ゴリコ』でデビュー。著書に『マイ・リトル・世田谷』。

『クロワッサン』990号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE