からだ
くらし

【デザインダウンで着ぶくれ解消。】大人体形を一瞬で魅力的に見せる魔法の着こなしルール。

ぽってりたるんだボディラインでも、おしゃれは楽しめる! 大人体形をすっきり、若々しく見せる好感度の高いコーディネートの極意を服飾戦略スタイリストの窪田千紘さんに教えてもらいます。
  • 撮影・青木和義 スタイリング・窪田千紘、森村朋子、榎木直子(以上スタイルスナップ) ヘア&メイク・浜田あゆみ(メランジ) モデル・原田容子、榎木直子(共にスタイルスナップ) 文・野尻和代

デザインダウンで着ぶくれ解消。

ダウンコート(スタンザドルチェ)、ボーダートップス(ノーブル)、パンツ、バッグ(共にドゥーズィエムクラス)、パンプス(ダニエラ&ジェマ)、ストール(ジャーナルスタンダード)、ピアスは私物

真冬の定番アウターといえばダウンコート。でも、大人体形の人がなんとなく選ぶと、着ぶくれすること必至。「ダウンは、一歩間違うとずんぐりむっくりになる危険アイテム。フードとシルエットには徹底的にこだわって。しっかり立ち上がるフードは小顔効果があり、Aラインのシルエットは女らしく見せてくれます」。インは上下同色でまとめたり、Vネックトップスにするなど、すっきりさせるのが鉄則。

1. ダウンコートはフード付きが必須。できれば、フードは大きめで。顔周りに立ち上がりがあることで、相対的に小顔効果が狙える。
2. インはVネックトップスですっきりラインを作って。今回のようにななめVラインで、モードな小ワザを効かせるのもアリ。
3. ボリュームが出すぎないよう、丈はお尻が隠れるくらいのショート丈を選ぶ。パンツにもスカートにも合わせやすくて、実は便利。
4. 程よくAラインシルエットのダウンコートは、女らしく、カジュアルになりすぎない。袖口のファーで華やかさもプラス。

「ダウンは暖かければ それでよし!」榎木直子さん 49歳 身長158cm ぺしゃんこのフードに、ぼてっとしたシルエットの膝丈のダウンコート。中はVネックながらもダウンと同化する色目で重たい雰囲気。まさに生活感たっぷりのご近所スタイル。

窪田千紘(くぼた・ちひろ)●服飾戦略スタイリスト。ブログ「STYLE SNAP 大人世代普段着リアルクローズ」は40代以上の女性から絶大な支持を集め、紹介するアイテムは完売続出。近著『大人体型の「きれい」を引き出す着こなしの作戦』(講談社)が好評発売中。

※ご紹介した洋服について、各ブランドへのお問い合わせはご遠慮ください。

『クロワッサン』986号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。