くらし

【鹹豆漿(シェンドゥジャン)風豚肉と豆苗の豆乳鍋】川津幸子さんが教える、だしと具材が絶品の鍋。

この具材とこの煮汁なら間違いない。鍋にはそんな、黄金のコンビネーションがあるのです。
  • 撮影・青木和義 スタイリング・渡邊美穂 文・新田草子

《鹹豆漿(シェンドゥジャン)風豚肉と豆苗の豆乳鍋》台湾の定番朝ごはんを、コクのある鍋にアレンジ。

【材料】
豚しゃぶしゃぶ用肉200g、干しえび15g、油揚げ1枚、豆苗1パック、搾菜20g、にんにく1かけ、A[成分無調整豆乳2カップ、塩小さじ1/4]、香菜2株、サラダ油小さじ1、ラー油適量、酢じょうゆ適宜

【作り方】
1. 干しえびはひたひたの水で戻す。油揚げは、フライパンまたはオーブントースターで香ばしく焼き、2cm角に切る。豆苗は根元を切る。搾菜は薄切りにする。
2. 鍋にサラダ油を熱してにんにくのみじん切り、干しえび、搾菜を炒め、Aを注ぐ。弱火で温め、煮立つ前(約80℃)に、豚肉と豆苗を加えて煮る。沸騰させないように気をつける。
3. 仕上げにラー油を回しかける。器に煮汁ごと取り分け、刻んだ香菜、1の油揚げを加える。好みで酢じょうゆをかけてもよい。

川津幸子(かわつ・ゆきこ)●料理家。手早くおいしい、毎日作っても負担にならないレシピにファン多数。著書に『100文字レシピ』シリーズ、『あの味が自分でできる くいしんぼレシピ』ほか。

『クロワッサン』988号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE