からだ
くらし

【白の全身ワンカラーで劇的にあか抜ける!】大人体形を一瞬で魅力的に見せる魔法の着こなしルール。

  • 撮影・青木和義 スタイリング・窪田千紘、森村朋子、榎木直子(以上スタイルスナップ) ヘア&メイク・浜田あゆみ(メランジ) モデル・原田容子、榎木直子(共にスタイルスナップ) 文・野尻和代

白の全身ワンカラーで劇的にあか抜ける!

ローブカーディガン(エブール)、パンツ(ネットプライス)、ファーバッグ(べスジョーヤ)、シューズ(コール ハーン)、バングル(バンヤードストーム)

白の装いには憧れはあるものの、膨張して見えるイメージ。体形に自信がなくなった大人にはハードルが高い。「それが上下の色をそろえるだけで、意外とほっそりと見えて、あか抜けた印象になるんです。もちろん、難易度高めのニュアンスカラーでも応用可能。色合わせに迷ったときは、とにかく全身同じ色でまとめれば失敗しません」。仕上げにリッチな素材の小物を効かせると、全身がキリッと引き締まって洗練されたコーディネートが完成。

1. カーディガンのボタンをすべてとめてデコルテにVラインを作ることで、女性らしさが増し、顔も明るく生き生きした印象に。
2. 全身ホワイトでまとめた着こなしは圧倒的な清潔感があるうえ、華やかなインパクトも。ダークになりがちな冬は特に新鮮。
3. エレガントな全身白の着こなしには、ゴールドやファーなどのリッチな素材の小物を合わせることでぐっと引き締まる。
4. 裾からちらりと見えるパンツも、センタープレスが効いたものを選んで颯爽と。縦線が強調されて、よりすっきりと見える!
5. パンツは程よくワイドなシルエットのクロップド丈でエレガントに。細い足首を見せることで、軽やかな雰囲気となる。

「グレーはどんな色でも 合うから重宝するわー」原田容子さん 47歳 身長160cm グレーのカーディガンさえ羽織れば、黄色のトップスも紺色の花柄スカートもまとめてくれると思ったら大間違い。色が散らばりすぎて、野暮ったい印象に。

窪田千紘(くぼた・ちひろ)●服飾戦略スタイリスト。ブログ「STYLE SNAP 大人世代普段着リアルクローズ」は40代以上の女性から絶大な支持を集め、紹介するアイテムは完売続出。近著『大人体型の「きれい」を引き出す着こなしの作戦』(講談社)が好評発売中。

※ご紹介した洋服について、各ブランドへのお問い合わせはご遠慮ください。

『クロワッサン』986号より

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。