くらし

吉永小百合が怪演! ハイパーモダンな市川崑版『細雪』。│山内マリコ「銀幕女優レトロスペクティブ」

『細雪』。1983年公開の東宝作品。DVDあり(販売元・ 東宝)

東京のド真ん中に生まれた谷崎潤一郎が、異邦人の目で関西の上流階級の日常を克明に描きとり、戦前の阪神間にあった一つの文化が失われていくさまを執念で書き上げた大作『細雪』。何度も映画化されていますが、わたしがこよなく愛しているのが、1983年(昭和58年)に公開された市川崑版です。

大阪船場の旧家、蒔岡家の4姉妹は、没落しつつも優雅な暮らしを送っています。本家を守る長女の鶴子(岸惠子)、芦屋で妹たちの面倒を見ている次女の幸子(佐久間良子)、自由奔放で現代的な四女の妙子(古手川祐子)、そしてなかなか結婚相手が決まらない三女、雪子(吉永小百合)。縁談が持ち上がるたびに、豪華な振り袖を着てお見合いに行くものの、内気すぎて男性とは口も利けない雪子。そのくせ誰よりも意志が強く、驚異の粘りで婚活に大勝利する雪子というキャラクターは、空恐ろしいまでに腹の底が見えず、蒔岡家も観客も翻弄されます。

それを演じるのが、現在に至るまで聖女のような存在でありつづけている吉永小百合というのがおもしろい。そして彼女の、誰にも本当の心は見せない、ミステリアスかつ思わせぶりな演技が本当に素晴らしいのです。京都の桜じゃないとお花見をした気がしないとか、新しい丸帯がきゅうきゅう鳴るので困るとか、他愛のないエピソードの連なりの中にぽとりぽとりと、幸子の夫(石坂浩二)が雪子に抱く、恋に似た感情が染みのように落とされます。その描写のエロティックなこと!

しっとりしたフィルムの風合い、4姉妹の個性を雄弁に表現した豪華絢爛な衣装は、着物だけでなく衿合わせの具合まで手抜かりなく、細部に目が行き届いていて、何度観ても飽きません。船場言葉による丁々発止の会話劇でもあり、2時間20分があっという間。もともとカット割りの細かい、テンポの早いモダンな作風が持ち味の市川崑監督ですが、冗長になりがちな文芸大作を、見事にクールにまとめ上げています。

山内マリコ(やまうち・まりこ)●作家。映画化した『ここは退屈迎えに来て』が現在公開中。新刊『選んだ孤独はよい孤独』。

『クロワッサン』986号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE