笑いとアートが交わる場、「ヨコハマアートラリー アートと笑いの境界線」のチケットが12月1日発売! | アートとカルチャー | クロワッサン オンライン
くらし

笑いとアートが交わる場、「ヨコハマアートラリー アートと笑いの境界線」のチケットが12月1日発売!

2019年2月2日(土)にイベント「ヨコハマ アートラリー アートと笑いの境界線」が開催決定。しりあがり寿、会田誠、ジャルジャル、千原徹也、倉本美津留、若手現代アート作家らが出演。アートと笑いの境界線の答えを求め、笑いとアートにまつわるプログラムが3つ用意される。チケット販売開始は12月1日(土)10時から。お見逃しなく。

横浜トリエンナーレ組織委員会は、2019年2月2日(土)にイベント「ヨコハマアートラリーアートと笑いの境界線」を開催。

本イベントでは、現代アートを身近に感じてもらえるよう、アートと笑いの境界線の答えを求め、笑いとアートにまつわるプログラムが3つ用意される。(内容は記事中を参照)
主宰は放送作家の倉本美津留。出演者は漫画家・しりあがり寿、美術家・会田誠、芸人・ジャルジャル、デザイナー・千原徹也、ほか若手現代アート作家らが参加。

2月2日だけしか開催されないまたとない機会。チケット争奪戦は必至。気になる人はすぐにチケットを入手しよう。

プログラム
[1部] 12:30〜14:00 ジャルジャル×倉本美津留「超コント」
ぶっつけ本番で新作コントを披露する「超コント」。単なる即興コントではない、お笑いライブが堪能できる。
パフォーマー:ジャルジャル(後藤淳平・福徳秀介) (芸人)
コミッショナー:倉本美津留 (「アートと笑いの境界線」主宰/放送作家)

[2部] 15:00〜16:00 トーク「アートと笑いの境界線」
気鋭の現代アート作家を招き、ジャルジャル、千原徹也、倉本美津留とお笑いと現代アートについてのトークショーを開催。
トークホスト:ジャルジャル(後藤淳平・福徳秀介)、千原徹也(デザイナー)、倉本美津留
ゲスト:若手の現代アート作家が多数参加予定

[3部]17:00〜18:00 しりあがり寿×会田誠「しゃべつくり」
作品やトーク内容は未決定。しりあがり寿と会田誠が、しゃべりながら共同でアートを作り上げていく。
トーク&パフォーマンス:しりあがり寿(漫画家)、会田誠(美術家)
進行:倉本美津留

ジャルジャル
しりあがり寿
会田誠 Courtesy Mizuma Art Gallery
千原徹也
倉本美津留
ジャルジャル
しりあがり寿
会田誠 Courtesy Mizuma Art Gallery
千原徹也
倉本美津留

開催概要
開催日:2019年2月2日(土)
会場:横浜市開港記念会館(横浜市中区本町1・6)
チケット:[1部]1,500円、[2部]1,000円、[3部]1,000円
※いずれも税込、座席指定、入れ替え制。
※販売開始日:12月1日(土)10時
WEBサイトURL:https://yokohamaartrally-1.peatix.com
※「注意事項」を確認の上、お申し込みください
※定員になり次第締め切り(各回定員389名)

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE