整理収納アドバイザーの内山ミエさんが衣装持ちにおすすめする「マワハンガー」の魅力とは。 | 片づけ | クロワッサン オンライン
くらし

整理収納アドバイザーの内山ミエさんが衣装持ちにおすすめする「マワハンガー」の魅力とは。

クローゼットに服があふれているとお悩みのあなたへ。ハンガーの使い方にこだわってみると、衣類の収納力がぐっとアップします。
  • 撮影・森山祐子 文・嶌 陽子
スチール製フックは約4mmの細さ。服をかける部分は約1cm。やわらかな触り心地の特殊樹脂コーティングにより、服が滑り落ちにくい。マワハンガーは東急ハンズなどのほか、ネット通販でも購入可能。価格は上の「エコノミック」タイプで10本約1,300円〜※編集部調べ。

「マワハンガー」をご存じだろうか。ドイツのメーカーが作るこのハンガー、収納のプロをはじめ、おしゃれ好きな人にも愛用者が多い。整理収納アドバイザーの内山ミエさんもその一人だ。
「5年ほど前に出合って以来、愛用しています。薄さや形状はもちろん、見た目がシンプルで格好いいのもうれしい。以前は『クリーニング屋さんでもらえるし、ハンガーにわざわざお金をかけるなんて』と思っていましたが、今ではもうほかのハンガーは使えませんね」

最大の魅力は、その収納力。厚さ約1cmというスリムなデザインは、クローゼットの中でかさばらない。内山さんの自宅クローゼットを見せてもらうと、幅90cmほどのハンガーポールに、54着もかけてあった。
「これでもまだ余裕があるくらい。ポールにかけるフックの部分がほかのハンガーと比べてとても細いことも、省スペースにつながっていると思います」
メリットはほかにもある。服をかける部分がなだらかにカーブしていて、服が形崩れしない。特殊樹脂で覆われていて、服がずり落ちにくい。
「滑り落ちた服がクローゼットの床に長い間眠ったまま、という事態も避けられますよ」
マワハンガーは、服の種類に応じてさまざまなタイプがあるほか、サイズも複数揃っている。これらをうまく使い分けることがポイントだ。
「たとえば大きいサイズのものに小さい服をかけると、肩が出てしまうことも。服に合ったものを使ってこそ、このハンガーの長所を生かせます」

マワハンガーに統一して収納するようになって以来、クローゼットを開けるたびに気分が上がると話す内山さん。
「ハンガーを揃えると、服もきれいに見えますよね。収納力抜群な点と併せて、おしゃれが好きで衣装持ちの人にこそおすすめしたいです」

どれだけ省スペースになるか、同じ数の服を使って実験。左はマワ以外のハンガーを使用、右はマワハンガーを使用。木製ハンガーやクリーニング店のハンガーなどで18着を吊るした場合と、同じ服を全てマワハンガーで吊るした場合を比べると、幅が約半分に。見た目もすっきりと美しい。
なだらかなフォルムで、大事な服が形崩れしない。肩の部分が丸みを帯びているため、ニットやカットソーの肩が出っ張らない。
細い肩ひもも滑り落ちない、特殊樹脂のコーティング。
どれだけ省スペースになるか、同じ数の服を使って実験。左はマワ以外のハンガーを使用、右はマワハンガーを使用。木製ハンガーやクリーニング店のハンガーなどで18着を吊るした場合と、同じ服を全てマワハンガーで吊るした場合を比べると、幅が約半分に。見た目もすっきりと美しい。
なだらかなフォルムで、大事な服が形崩れしない。肩の部分が丸みを帯びているため、ニットやカットソーの肩が出っ張らない。
細い肩ひもも滑り落ちない、特殊樹脂のコーティング。

バラエティ豊かなマワハンガー、その一部の特徴を解説。

広い衿ぐりの服も滑り落ちない。最もポピュラーな「エコノミック」。広い衿ぐりでもずり落ちず、肩も出ない。ワンピースやニット、Tシャツ、カットソーなどに。
衿の形をきれいに保ってくれる形状。立ち上がりのある衿や肩の形に沿う形状。シャツの形をきれいに保つ「シルエット」。「服に合ったサイズを選ぶことが大切です」
小さなクリップがしっかりホールド。クリップは横幅、厚みとも約2cm。「クリップが小さいのがポイント。何着か並べて吊るしても、すっきり収まります」(内山さん)
滑らず、かさばらずのパンツハンガー。スリムで場所とらず。「2連タイプもありますが、滑らないという長所が仇となり、取り出しにくい。シングルタイプがおすすめです」
重量のあるコート類にはこれを。コートなど厚手で重さのある服には、厚さ3cmの「ボディーフォーム」がおすすめ。フック部分がスリムなのでかさばらない。
セットアップ対応のタイプも。右の「ボディーフォーム」のクリップ付き。セットアップもこれですっきり収納できる。クリップなし、下のバーのみのタイプも。
サイズごとに色を分けると分かりやすくて便利。子ども用も含め、サイズは数種類。上は肩幅41cm、下は肩幅36cm。「色数があるので、サイズ別に色を変えると分かりやすいです」
マイクロファイバークロスでのお手入れがおすすめ。滑りにくい特殊樹脂という性質上、細かい埃などが付着しがち。「そんな時は、マイクロファイバークロスで拭くときれいに取れます」
広い衿ぐりの服も滑り落ちない。最もポピュラーな「エコノミック」。広い衿ぐりでもずり落ちず、肩も出ない。ワンピースやニット、Tシャツ、カットソーなどに。
衿の形をきれいに保ってくれる形状。立ち上がりのある衿や肩の形に沿う形状。シャツの形をきれいに保つ「シルエット」。「服に合ったサイズを選ぶことが大切です」
小さなクリップがしっかりホールド。クリップは横幅、厚みとも約2cm。「クリップが小さいのがポイント。何着か並べて吊るしても、すっきり収まります」(内山さん)
滑らず、かさばらずのパンツハンガー。スリムで場所とらず。「2連タイプもありますが、滑らないという長所が仇となり、取り出しにくい。シングルタイプがおすすめです」
重量のあるコート類にはこれを。コートなど厚手で重さのある服には、厚さ3cmの「ボディーフォーム」がおすすめ。フック部分がスリムなのでかさばらない。
セットアップ対応のタイプも。右の「ボディーフォーム」のクリップ付き。セットアップもこれですっきり収納できる。クリップなし、下のバーのみのタイプも。
サイズごとに色を分けると分かりやすくて便利。子ども用も含め、サイズは数種類。上は肩幅41cm、下は肩幅36cm。「色数があるので、サイズ別に色を変えると分かりやすいです」
マイクロファイバークロスでのお手入れがおすすめ。滑りにくい特殊樹脂という性質上、細かい埃などが付着しがち。「そんな時は、マイクロファイバークロスで拭くときれいに取れます」
整理収納アドバイザー 内山ミエさん

内山ミエ(うちやま・みえ)●整理収納アドバイザー。ヒバリ舎代表。個別レッスンやセミナーを通じ、モノの片づけ方を伝えている。著書に『「めんどくさい」がなくなる部屋づくり』など。

『クロワッサン』982号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE