ヘア&メイクアップアーティストの山本浩未さんの衣類のハンガー収納術。 | 片づけ | クロワッサン オンライン
くらし

ヘア&メイクアップアーティストの山本浩未さんの衣類のハンガー収納術。

クローゼットに服があふれているとお悩みのあなたへ。ハンガーの使い方にこだわってみると、衣類の収納力がぐっとアップします。
  • 撮影・森山祐子 文・嶌 陽子

おしゃれの達人も太鼓判を押す、ハンガー収納の魅力。

オンシーズンの服を種類別に吊るして。ハンガー収納なら、全ての服が一目瞭然。「出し入れしやすいよう、なるべく間隔を空けて吊るすことを意識しています」(山本さん)
オンシーズンの服を種類別に吊るして。ハンガー収納なら、全ての服が一目瞭然。「出し入れしやすいよう、なるべく間隔を空けて吊るすことを意識しています」(山本さん)
ハンガー下のスペースも有効活用。
オフシーズンの服は、別にして収納。右ページの写真と隣り続きになったクローゼット内。季節外の服を、やはり吊るして収納。
オンシーズンの服を種類別に吊るして。ハンガー収納なら、全ての服が一目瞭然。「出し入れしやすいよう、なるべく間隔を空けて吊るすことを意識しています」(山本さん)
オンシーズンの服を種類別に吊るして。ハンガー収納なら、全ての服が一目瞭然。「出し入れしやすいよう、なるべく間隔を空けて吊るすことを意識しています」(山本さん)
ハンガー下のスペースも有効活用。
オフシーズンの服は、別にして収納。右ページの写真と隣り続きになったクローゼット内。季節外の服を、やはり吊るして収納。

おしゃれな着こなしに定評のあるヘア&メイクアップアーティストの山本浩未さん。ほとんどの服をハンガーにかけて収納していると聞き、自宅にお邪魔してみた。寝室の壁に作り付けられたクローゼットには、ハンガーにかかった服が美しく並んでいる。
「この家には1年半ほど前に引っ越してきました。引き出しがないクローゼットを見て、ハンガー収納に統一しようと決めたんです。以前は、服の半分くらいは畳んでオープン棚にしまっていたので、大きな変化です」

板で仕切られた各部分に、服を種類別に吊るして収納。ニット、ストール、バッグもハンガーにかけている。引き出し式の箱にしまっているのは、下着類やアクセサリーなど、ごくわずかだ。
「服を畳む手間がぐっと減ったのがうれしいですね。あと、引き出しだと奥のものが取りづらいでしょう? それがないので、服の出し入れが以前よりずっと楽になりました。さらに、全て吊るすことによって手持ちの服が一目で見渡せるので、管理もしやすいんです」
ハンガーは、手頃な価格のものを主にネットでまとめ買い。最も多く使っているのは、薄手で場所をとらない、ベルベット風素材のもの。ほかにも木製ハンガーやパンツ専用ハンガーなどを、服の種類によって使い分けている。

空間の奥にものをしまい込まないことがすっきり収納のコツだと話す山本さん。ハンガー収納は、それを実現する強い味方といえそうだ。

服のタイプに合わせた、山本さん流ハンガー使いこなし術。

重さのあるコート類は、厚手で大きめなイケアの木製ハンガーが安心。
ネットでまとめ買いする薄手ハンガーは、ニットもストールもかけられる。
ベルベット風素材の薄手ハンガーには、バッグ類も吊るして。
厚手のデニムもかけられる2連のパンツハンガーは20年ほど前から愛用。
ショップで買い物した際にもらったスカートハンガー、気に入って今も活躍中。
木の部分がアクセント。機能も見た目も優秀な、イケアのスカートハンガー。
重さのあるコート類は、厚手で大きめなイケアの木製ハンガーが安心。
ネットでまとめ買いする薄手ハンガーは、ニットもストールもかけられる。
ベルベット風素材の薄手ハンガーには、バッグ類も吊るして。
厚手のデニムもかけられる2連のパンツハンガーは20年ほど前から愛用。
ショップで買い物した際にもらったスカートハンガー、気に入って今も活躍中。
木の部分がアクセント。機能も見た目も優秀な、イケアのスカートハンガー。
ヘア&メイクアップアーティスト 山本浩未さん

山本浩未(やまもと・ひろみ)●ヘア&メイクアップアーティスト。「生活者としてのキレイ」をテーマに女性誌を中心に活躍。明快な美容理論が人気。著書に『大人美容 始めること、やめること』など。

『クロワッサン』982号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE