くらし

ケチくさいと始末がいいの 境界線について話し合ってみた。[前編]

  • 撮影・岡本 潔 文・室田元美

———次は、「タイツの穴が開いたら、かがってはいています。これってどうですか?」。タイツやストッキングについては、そのほかに、「伝線したストッキングでも、パンツの下にはくぶんには見えないからいいのでは?」「つま先に穴が開いても上からソックスを履けばいいと思いますが、ダメでしょうか」という質問もありました。

植村 タイツの穴をかがるのはいいんじゃない? ニットの虫喰いの上からアップリケするのも可愛いし、直せるものをそうやって直して着たりはいたりするのは、いいことだと思いますよ。

阿部 タイツの穴をかがってはくのは、〝始末がいい〟って言うのよね。

大庭 うちはタイツは穴かがりはもちろん、ひざが薄くなったら切って5分丈のレギンスにします。最後はウエスト回りのゴムがちぎれてはがれてしまうから、そうなったら雑巾にします。

植村 大庭さん、徹底してますね。ウエストのゴムがはがれることなんてあるんだ。真逆の話ですが、ストッキングは使い捨てだと思い込んでいた友人もいましたよ(笑)。
大庭 私なんて30年前のストッキング、まだ持ってますよ。ちょっと高かったものなので、手洗いしているせいか伝線していません。

阿部 すごい。

植村 でもタイツの穴が開いたままだったり、伝線したストッキングをはくのはイヤだな。見えなければいい、だと「なんでもいいや」になりそうで。いい大人なのに自己管理ができないのは、人としてステキじゃないと思うのね。

阿部 見えないからいい、というのは危険よね。なだれのようになし崩しになる。自分のポリシーでどこまでだったら許せるか、ってことなのよ。

植村 私は母親から18歳のときに「これからはたとえ近所でも、化粧しないで出かけちゃダメよ」ときつく言われたのね。身だしなみとして。コスメの仕事についたのもその影響でしょうね。ストッキングの伝線やセーターの毛玉、私にはありえない。

———穴が開いたままや伝線はみっともないけど、穴をかがって大事にはくのは始末がいいってことですね。革製品はどうですか?「古くなって角が白くなった革のバッグや財布を、そのまま使ってもいいですか」。若い人ならかっこいいかもしれないけど、大人はどうなんでしょう。

植村 古い新しいよりも、清潔感があるかないかでしょうね。大人はとくに。
革製品は染め替えてもらうと見違えるほどきれいになるけど、新しいものが買えるくらい高かったり。

穴だらけの靴下やタイツ、つくろえばはけますよね。捨てるのはもったいない!(大庭さん)

1 2 3
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE