cat-health cat-life cat-monitor cat-presents cat-trend facebook info instagram line twitter youtube
くらし

渡辺麻紀さんのシンプルスープ&簡単アレンジレシピ。【にんじんとトマトの赤いスープ】

余りがちな食材を、時間のあるときに調理して冷凍庫へ。アレンジするだけで、手抜き感ゼロの節約レシピに変身します。
  • 撮影・小林キユウ スタイリング・本郷由紀子

素材のうまみが詰まったスープは、夜食にもおもてなしにも。

料理研究家 渡辺麻紀さん

寒い日に食べたい温かなスープ。週末など時間のあるときに大量に作り、冷凍庫にストックしておくと、いつでも好きな分だけ食べられる。
「素材をことこと煮ただけのシンプルな基本のスープは、朝やお酒の後に飲みたい、素朴な味わいです。しかも、調理時間は煮込む時間を除くと15分ほどで済む簡単なものばかり。それをピューレにしたり肉や魚などと合わせることで、消化のよい夜食や、見栄えのよいおもてなし料理に変化します」(渡辺さん)

冷凍方法はいたって簡単。ライフスタイルに合わせて、基本のスープを1〜2人分ずつ保存袋に入れ、平らにしてから冷凍庫に入れるだけ。
「先にハンドブレンダーなどでピューレにしてから冷凍すると、アレンジの際に解凍するだけでソースのように使えます。鍋にそのまま入れて温めても、レンジで解凍してもOKです」

にんじんとトマトの赤いスープの材料は、皮付きの野菜と調味料のみと、ごくごくシンプル。
「にんじんもトマトも、皮に栄養とうまみ、香りがあります。むかずにそのまま使いましょう。味がどうしても物足りないなら、チキンや野菜など好みの市販のブイヨンを、表示どおりに溶いて加えてください」

これをミートボールやパスタと合わせると、お腹いっぱいの一品に。シンプルゆえに、クミンシードやシナモンスティックなどのスパイスを加えるだけで、異国情緒が漂ってくるから面白い。

【基本のスープ】にんじんとトマトの赤いスープ

[材料(約8人分)]
にんじん(1本約180g) 4本
完熟トマト(1個200g) 3個
塩 小さじ1/2
粗挽き白胡椒 少々
オリーブオイル 大さじ1
無塩バター 大さじ1
砂糖 適宜

[作り方]
1.
にんじんは皮ごと薄い輪切りにする。トマトはへたを取り放射状に6つに切る。
2. 鍋ににんじん、トマト、オリーブオイル、バター、塩、胡椒、水1.5Lを入れ、蓋をして中火にかける。軽く煮立ったら弱火にしてアクを取り除き、30分ほどことこと煮て、にんじんの甘みを出す。
3. にんじんを1〜2枚食べて柔らかく、スープに甘みと酸味がとけ出していたら出来上がり。好みで砂糖小さじ1〜2を加えても。

基本のスープをそのままいただくときは……
基本のスープを鍋に入れ、味をみて足りなければ塩、粗挽き白胡椒で調える。器に盛り、バジルを加え、好みでオリーブオイルを回しかける。

1 2 3 5
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE