くらし

【甘酒クリームソース+えび】アレンジ自在、冷凍つくりおき節約レシピ

余りがちな食材を、時間のあるときに調理して冷凍庫へ。アレンジするだけで、手抜き感ゼロの節約レシピに変身します。
  • 撮影・小林キユウ 文・新田草子

肉も魚も調味液となじませて冷凍すれば、火を通すだけで一品に。

料理家 井澤由美子さん

安いときにまとめ買いしておきたい、肉や魚。そのまま冷凍する人も多いようだけれど……。
「保存袋に合わせた調味液に漬けて冷凍しておくと、下味がしっかりついて調理が簡単に。また、肉も魚も柔らかくなり、おいしさが増します」
と、井澤さん。いろいろな食材に応用がきく調味液を、肉や魚介の組み合わせとともに教えてもらった。いずれも、調味料を合わせておいて、肉や魚を入れるだけ。
「すべて火を使わない調味液でできる“非加熱冷凍”だから、手間いらず。解凍して火を通せばそれだけで一品になるし、ほかの具材を足せばさまざまな料理にアレンジできます」

甘酒と豆乳などで作る甘酒ホワイトクリームは、あらかじめ片栗粉も一緒に入れてしまうのがポイント。
「加熱すると、シチューのようにとろみがつきます。ほたて缶も、うまみ素材として忘れずに。漬け込む食材は今回はえびにしましたが、ほかにいか、あさり、鶏肉もおすすめです」

「非加熱冷凍食材を入れた保存袋は、バットなどに入れてできるだけ空気を抜き、平らにしてから冷凍庫へ。あらかじめ袋の上から大まかに分け目をつけてから冷凍すると、後から使いやすくなります。使うときは必要な分を取り分けて冷蔵庫で自然解凍するか、袋のまま流水にあてるなどして解凍してください」

井澤由美子さん考案の、非加熱調味液&アレンジレシピ

甘酒ホワイトクリーム+えび

[材料(約4カップ分)]
甘酒 100ml(好みで調節を)
味噌 大さじ4
醤油 小さじ1
片栗粉 大さじ3〜3・1/2
豆乳 400ml
冷凍むきえび 600g
ほたて缶 1缶(約170g)

[作り方]
1. ジッパー付き保存袋に甘酒と味噌、醤油を入れて袋の上から手でよくもんでなじませる。残りの材料を加えてよく混ぜ、さらになじませる。
2. 袋ごとバットにのせ、平らな状態にして冷凍する。半分ほど凍ったらいったん取り出し、菜箸などを押しつけて3〜4等分になるように筋をつけると、後から割って使いやすい。

半分くらい凍った段階で、菜箸などを使い、割りやすいように筋をつけておく。
1 2 3 4
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE