暮らしに役立つ、知恵がある。

 

バーガーにホットドッグなど、ビールのお供にしたい、3つのパンつまみ。

いつものパンをひと工夫してお酒のアテに。
シーン別の「パンつま」レシピを、インスタグラムのフォロワー20万人超の編集者、arikoさんに教わります。

撮影・青木和義 スタイリング・YUKO(+y design) 構成&文・堀越和幸

カウチで楽しむ、しっかりパンつまみ

プルドポーク風バーガー

バーガーにホットドッグなど、ビールのお供にしたい、3つのパンつまみ。

毎年出かけていたコロラドのスキー旅行で出合ったプルドポーク。「本当は時間のかかる煮込み料理ですが、これはなんちゃって風のおつまみで」。しゃぶしゃぶ用の肉をササッと炒めて。

【材料(1人分)】
ハンバーガーバンズ 1個
豚肩ロースしゃぶしゃぶ肉 150g
塩・胡椒 各少々
ケチャップ 大さじ1
中濃ソース 大さじ1
醤油 小さじ2
レタス 1枚
チェダーチーズスライス 2枚
芥子 適量
バター 適量
コールスロー[紫キャベツ3枚、玉ねぎ 1/4個、酢 大さじ1、オリーブオイル 大さじ1、塩 小さじ1/2、砂糖 小さじ2、胡椒 少々]
キャロットラペ[にんじん 1本、オレンジジュース 大さじ1、酢 大さじ1、オリーブオイル 大さじ1、塩 小さじ1/2、胡椒 少々]

【作り方】 
1.コールスローを作る。キャベツは細切りに、玉ねぎは薄切りにして塩を振ってもみ、しんなりしたら余分な水気を絞って、調味料を加えてあえる。
2.キャロットラペを作る。にんじんは皮をむいて千切りにして調味料を加えて混ぜる。
3.豚肉は塩・胡椒をしてフライパンでさっと焼き、ケチャップと中濃ソース、醤油を合わせたものを加えてからめる。
4.バンズを横半分に切り、トースターで軽くトーストしてから芥子とバターを塗り、レタス、水気を切ったコールスロー、キャロットラペ、豚肉、チーズをのせてもう一枚のパンではさみ、ピックで留める。好みでポテトチップスやピクルスなどを添える。

ホットドッグ

バーガーにホットドッグなど、ビールのお供にしたい、3つのパンつまみ。

本格的なザワークラウト(発酵キャベツ)がなくとも、細切りのキャベツを炒めて酢を振る即席版で代用。「キャベツにほんのり甘味があって、我が家ではむしろこっちが定番です」

【材料(3人分)】
ホットドッグロール 3本
ウィンナーソーセージ 6本
キャベツ 3〜4枚
オリーブオイル 小さじ2
ワインビネガー 大さじ1
塩 小さじ1/2
胡椒 少々
ケチャップ・マスタード 各適量

【作り方】
1.キャベツは細切りにする。フライパンにオリーブオイルを引き、キャベツを入れて、塩を振って強火で炒める。しんなりしたらビネガーを振りかけ、胡椒を振る。
2.ホットドッグロールは縦に切り目を入れてトースターで軽く温める。
3.小さなフライパンにソーセージと水大さじ1を入れて強火にかけ、水が完全になくなってソーセージがぷっくりとするまで炒める。
4.ホットドッグロールにまず①のキャベツをたっぷり詰め、ソーセージをのせてケチャップとマスタードをかける。

エルビストースト

バーガーにホットドッグなど、ビールのお供にしたい、3つのパンつまみ。

アメリカで暮らしていた祖母から伝承された一品。「バナナにベーコン、ピーナッツバターのカロリー爆弾(笑)」。が、これが甘じょっぱくてやみつきに。エルビス・プレスリーが大好物だったというのが名前の由来だそう。

【材料(4人分)】
イングリッシュマフィン 2個
ベーコン 4枚
バナナ 1本
ピーナッツバター(無糖)適量
ブルーベリージャム 適量
カイエンペッパー 少々

【作り方】
1.マフィンは横半分に切って、トースターで軽く焼き色がつくまで焼く。
2.半分の長さに切ったベーコンをフライパンで油を拭き取りながら、カリッとするまで焼く。
3.マフィンにピーナッツバターとブルーベリージャムを塗り、スライスしたバナナとベーコンをのせる。カイエンペッパーを振る。

お酒に合う「パンつま」レシピ

夕飯の時刻、晩酌のためのちょっとしたおつまみをarikoさんはよく作る。そんなときにパンが活躍する。

「パンは家にある普通のバゲットや食パンがほとんどです。手軽ですし、味わい的にもアレンジが利きやすい」

パンつまみが素晴らしいのは、具をのせるだけ、挟むだけで、つまみとして成り立ってしまうところ。

「冷蔵庫にあるしらすや、作り置きをした煮豚などを使うレシピを知ると、料理としてさらに格上げされます」

arikoさんは料理家ではない。ファッションや料理ページを担当する編集者である。けれどもarikoさんの料理を紹介するインスタグラムには現在20万人超のフォロワーが。スゴい!

「根が食べるのが好きな食いしん坊。いろいろなところで出合った味を再現したり、料理教室に通っているうちに自分でも作るようになっていました」

豊富な食経験をベースにした、とっておきの“パンつま”レシピ、さっそく今晩の食卓に取り入れてみよう。

  • ariko

    ariko さん (ありこ)

    編集者、ライター

    人気ファッション誌の表紙などを担当して活躍。近著に『arikoの食卓〜小腹がすいたら〜』、『arikoのパン 朝ごはんからおつまみまで。自由に、おいしく』が。Instagram:@ariko418

『クロワッサン』1087号より

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。

  1. HOME
  2. くらし
  3. バーガーにホットドッグなど、ビールのお供にしたい、3つのパンつまみ。

注目の記事

編集部のイチオシ!

人気ランキング

  • 最 新
  • 週 間
  • 月 間

オススメの連載