暮らしに役立つ、知恵がある。

 

冷凍のさしみさくで完成する、2つのひと皿ごはん【島本美由紀さんのレシピ】

便利な冷凍魚介だからこそ上手に解凍して使いたい。
改めて最大に味を引き出す解凍法、冷凍魚介を使ってひと皿で満足できる島本美由紀さんのメニューを紹介。

撮影・青木和義 文・板倉みきこ

さしみさく

冷凍のさしみさくで完成する、2つのひと皿ごはん【島本美由紀さんのレシピ】

高速冷凍で鮮度の良さをキープした刺身用。
半解凍の状態で取り出し、切り分ける時間を残りの解凍に当てると美味しくいただける。
※解凍方法はレシピ下を参照

【冷蔵室解凍】【氷水解凍】まぐろのポキ丼

冷凍のさしみさくで完成する、2つのひと皿ごはん【島本美由紀さんのレシピ】

【材料(2人分)】
冷凍まぐろ(刺身用さく)150g
アボカド 1個
温かいごはん 丼2杯分
温泉卵 2個
A[醤油 大さじ2、みりん 大さじ1、ごま油 小さじ1]

【作り方】
1.冷凍まぐろは解凍し、ペーパーでよく水けを拭き取る。1.5cm角に切り、Aに10分ほど漬ける。アボカドは1.5cm角に切る。
2.温かいごはんの上に1を合わせて盛り、温泉卵をのせる。

【冷蔵室解凍】【氷水解凍】おさしみビビン麺

冷凍のさしみさくで完成する、2つのひと皿ごはん【島本美由紀さんのレシピ】

【材料(2人分)】
冷凍鯛(刺身用さく)150g
水菜 50g
大葉 2枚
そうめん 150g
白いりごま 適量
A[コチュジャン 大さじ1、酢・砂糖・白すりごま 各小さじ2、醤油・みりん・ごま油 各小さじ1]

【作り方】
1.冷凍鯛は解凍してペーパーで水けを拭き、そぎ切りにする。水菜は3cm長さに切り、大葉は千切りにする。
2.そうめんは表示どおり茹で、流水で洗って水けを切る。
3.よく混ぜ合わせたAで2を和え、器に盛り、1をのせ、白ごまを振る。

質が高いものや種類も増え、買い求めやすくなった冷凍魚介。一方で解凍に失敗しやすいという声も多く聞くが、主な原因は急いで解凍しようとするから、と料理研究家の島本美由紀さん。

「主に味を悪くするのは素材から出る水分、ドリップで、急いで解凍するほど量が増えます。低温で時間をかけて解凍すれば、その量は抑えられます」

ほとんどの魚介類を失敗なく解凍できるのが冷蔵室での解凍。そのほかにも、素材や料理によって適した解凍法がある。ぜひ今回のレシピを参考に。

素材や料理に合わせて選ぶ! 魚介の解凍法。

低温でゆっくり解凍する、すべての魚介の解凍に向く方法。冷蔵室で6~8時間。ドリップが出にくいことでパサつきも少なく、うまみもしっかり残るため味も落ちにくい。特に刺身はこの解凍法が最も美味しい。
低温でゆっくり解凍する、すべての魚介の解凍に向く方法。冷蔵室で6~8時間。ドリップが出にくいことでパサつきも少なく、うまみもしっかり残るため味も落ちにくい。特に刺身はこの解凍法が最も美味しい。
シーフードミックスやむき海老におすすめ。塩水で解凍すると独特の生臭さが消え、縮みにくくプリッとした食感になる。解凍時間は約30分。食材150gに対して水200ml+塩小さじ1が目安。むき海老は塩分濃度が高いものもあるので、水を増やして調整を。
シーフードミックスやむき海老におすすめ。塩水で解凍すると独特の生臭さが消え、縮みにくくプリッとした食感になる。解凍時間は約30分。食材150gに対して水200ml+塩小さじ1が目安。むき海老は塩分濃度が高いものもあるので、水を増やして調整を。
切り身や刺身に。袋のまま、しっかり密閉された状態で氷水に入れ、1~2時間。全部解凍しない時は、使う量をジッパー付き保存袋に移してから。流水解凍は水温が高く、ドリップが出やすいのでNG。
切り身や刺身に。袋のまま、しっかり密閉された状態で氷水に入れ、1~2時間。全部解凍しない時は、使う量をジッパー付き保存袋に移してから。流水解凍は水温が高く、ドリップが出やすいのでNG。
電子レンジによる解凍は、加熱ムラが多く失敗しやすいので、切り身の魚のみにしたほうが無難。解凍の際は、ドリップを吸い取るキッチンペーパーを耐熱皿に敷いてから解凍モードに。袋などに包んだまま解凍すると四隅に火が通りやすいので、必ず外してから行う。ラップをかける必要はなし。
電子レンジによる解凍は、加熱ムラが多く失敗しやすいので、切り身の魚のみにしたほうが無難。解凍の際は、ドリップを吸い取るキッチンペーパーを耐熱皿に敷いてから解凍モードに。袋などに包んだまま解凍すると四隅に火が通りやすいので、必ず外してから行う。ラップをかける必要はなし。
低温でゆっくり解凍する、すべての魚介の解凍に向く方法。冷蔵室で6~8時間。ドリップが出にくいことでパサつきも少なく、うまみもしっかり残るため味も落ちにくい。特に刺身はこの解凍法が最も美味しい。
シーフードミックスやむき海老におすすめ。塩水で解凍すると独特の生臭さが消え、縮みにくくプリッとした食感になる。解凍時間は約30分。食材150gに対して水200ml+塩小さじ1が目安。むき海老は塩分濃度が高いものもあるので、水を増やして調整を。
切り身や刺身に。袋のまま、しっかり密閉された状態で氷水に入れ、1~2時間。全部解凍しない時は、使う量をジッパー付き保存袋に移してから。流水解凍は水温が高く、ドリップが出やすいのでNG。
電子レンジによる解凍は、加熱ムラが多く失敗しやすいので、切り身の魚のみにしたほうが無難。解凍の際は、ドリップを吸い取るキッチンペーパーを耐熱皿に敷いてから解凍モードに。袋などに包んだまま解凍すると四隅に火が通りやすいので、必ず外してから行う。ラップをかける必要はなし。
  • 島本美由紀

    島本美由紀 さん (しまもと・みゆき)

    料理研究家

    ラク家事アドバイザー、食品ロス削減アドバイザー、冷蔵庫収納&食品保存アドバイザー、防災士。テレビや講演など、多方面で活躍中。

『クロワッサン』1081号より

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。

  1. HOME
  2. くらし
  3. 冷凍のさしみさくで完成する、2つのひと皿ごはん【島本美由紀さんのレシピ】

注目の記事

編集部のイチオシ!

人気ランキング

  • 最 新
  • 週 間
  • 月 間

オススメの連載