暮らしに役立つ、知恵がある。

 

缶詰は、いつも目にする場所に保管する。【上田淳子さんのフードロス防止策】

食品を使い切れずに〝捨てる〟ことがなくなるよう、フードロス防止策を上田淳子さんに教えてもらった。

撮影・青木和義 文・斎藤理子

缶詰は、いつも目にする場所に保管する。

実は仕舞い込んで忘れがちな缶詰。便利な食材なだけに、無駄なく活用したいもの。

「缶詰は、冷凍よりも簡単に食べられる食材という位置付け。うちではカゴに入れて、キッチンのよく見える場所に置いています。あと一品欲しい時などに缶詰が目に入るので、献立を思いつくことがよくあるんです」

水煮など味がついていない缶詰のほうが、料理に使いやすく応用がきくのでおすすめだそう。

カゴに入れてキッチンに置き、見える化で使い忘れを防止する。

缶詰は視界に入りやすいところに置く。料理中に目に入れば、新たなレシピを思いつくことも。積んでしまうと下のほうが死角になるので、なるべく雑多に置くのがいいと上田さんはアドバイスする。
缶詰は視界に入りやすいところに置く。料理中に目に入れば、新たなレシピを思いつくことも。積んでしまうと下のほうが死角になるので、なるべく雑多に置くのがいいと上田さんはアドバイスする。

ツナ缶を使って、あっという間にもう一品。

小松菜とツナ缶の煮浸し

ツナの旨味で出汁がなくても美味しい煮浸しに。あっという間にできて便利。

【材料(2人分)】
小松菜 200g
ツナ缶(オイル)1缶
醤油 大さじ1

【作り方】
1.水揚げした小松菜を食べやすいサイズに切る。ツナ缶は軽く油切りをする。
2.鍋に水1/2カップと醤油を入れて火にかけ沸騰させる。
3.小松菜とツナを加えて、葉がくったりしたら完成。

缶詰は、いつも目にする場所に保管する。【上田淳子さんのフードロス防止策】
  • 上田淳子

    上田淳子 さん (うえだ・じゅんこ)

    料理研究家

    日々のごはんから本格フレンチまで幅広いレシピが人気。近著『今あるフライパンで最高の味』(主婦の友社)など、著書多数。

『クロワッサン』1083号より

  1. HOME
  2. くらし
  3. 缶詰は、いつも目にする場所に保管する。【上田淳子さんのフードロス防止策】

注目の記事

編集部のイチオシ!

人気ランキング

  • 最 新
  • 週 間
  • 月 間

オススメの連載