くらし

しそときゅうりで爽快、ラムソテーのしそジェノベーゼ【冷水希三子さんのレシピ】

暑い夏こそ、肉をしっかり食べて元気に乗り切りたいもの。火を使う時間は短めに、薬味や酸味を活用して、食欲減退をストップ。
  • 撮影・青木和義 構成&文・中岡愛子

ラムソテーのしそジェノベーゼ

「本来はバジルを使うジェノベーゼソースを、爽やかな香りで食欲をかき立てるしそでアレンジ。酢の酸味を効かせたきゅうりを添えて」。ソースは冷蔵庫で1週間保存可。

濃厚な味わいのラム肉を、しそときゅうりで爽快に。

【材料(2人分)】
ラムチョップ 4本
きゅうり 1本
A[しそ 20枚 カシューナッツ 2粒 にんにく 少々 塩 ひとつまみ EXVオリーブオイル 50ml]
塩 適量
酢 小さじ1
サラダ油 適量

【作り方】
1.Aをミキサーにかけ、ジェノベーゼソースを作る。
2.きゅうりは細めの乱切りにしてボウルに入れ、塩少々、酢を加えて和える。
3.ラムに軽く塩を振り、サラダ油を熱したフライパンに入れて、側面まで焼き色をつける。
4.器にラムをのせ、好みの量の1をかけ、2を添える。

冷水希三子

冷水希三子 さん (ひやみず・きみこ)

料理家

季節の食材やハーブを駆使した料理を提案。本に出てくる印象的なレシピを再現する、雑誌『Hanako』の新連載「あの本のレシピ」が好評。

『クロワッサン』1073号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。