くらし

パイナップルと炒り大豆のタイサラダ【内田真美さんのレシピ】

果汁たっぷりのフルーツサラダはテーブルを華やかに、豊かにしてくれる立役者。
ハーブや野菜との新鮮な組み合わせで、果物の可能性に開眼しますよ。
  • 撮影・黒澤義教 スタイリング・矢口紀子 文・松本あかね

ヒントはソムタム。甘じょっぱくて後を引く南国の味。

ナンプラーと唐辛子で和えたパイナップルに香ばしい炒り大豆を絡めて。「タイ料理でよく使うピーナッツを炒り大豆で代用しました。カリカリがおいしいのでぜひ和えたてを。わが家では牛肉の網焼きと一緒にいただきます」

【材料(2人分)】
パイナップル 1/2個(カットタイプ約400g)
セロリ 1本
コリアンダー 2株
にんにく 1/2かけ
ナンプラー 大さじ1と1/2
粗挽き唐辛子粉 小さじ1
炒り大豆 大さじ2

【作り方】
1.パイナップルは一口大に切る。セロリは筋を断ち切るように斜め薄切りにし、水にさらしておく。コリアンダーは3センチ幅のざく切りにし、にんにくはみじん切りにする。炒り大豆はビニール袋に入れて麺棒などで叩いておく。
2.ボウルにパイナップル、にんにく、水気を切ったセロリを入れてざっと混ぜ合わせる。ナンプラーと粗挽き唐辛子粉を加え混ぜ、コリアンダーの茎の部分と炒り大豆を加え、全体を混ぜ合わせる。
3.器に盛り付け、コリアンダーの葉の部分をのせる。

「フルーツのサラダのいいところは、果物の甘みと酸味がドレッシングの役割を担ってくれるところ」

と内田真美さん。そこに少しの塩とハーブなどで香りを足せば、フレッシュジュースならぬフレッシュドレッシングが口の中に広がるという算段。組み合わせる野菜は、旬が同じものどうしだと相性よくまとまる。

「甘酢和えの感覚でいただけますし、余分な脂っぽさを打ち消すので焼いた肉の付け合わせにもぴったり。明るい時間に始まるディナーに果物のサラダとシャンパンがあれば最高ですね」

内田真美

内田真美 さん (うちだ・まみ)

料理研究家

雑誌、書籍、広告の分野で活躍。自身の美学が詰まったレシピは各所から信頼が厚い。近著『高加水生地の粉ものレッスン』。

『クロワッサン』1071号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。