くらし

ガーリック大豆のレシピ。サラダにトッピングすれば、食感も栄養価もアップ。

身近な材料でさっと作れるトッピングがあれば、味も栄養価もぐっと格上げ。
シンプルなサラダが充実の一皿になるレシピを、料理研究家の吉田愛さんに教わります。
  • 撮影・黒川ひろみ

おつまみとしても。味噌汁に加えてこく出しにも。

片栗粉は全体にしっかりまぶす。写真のように大豆にむらなく粉がついた状態に。

【材料(作りやすい分量)】
大豆ドライパック 1袋(100g)
にんにく 1かけ
片栗粉 小さじ2
オリーブオイル 大さじ1
塩 少々

【作り方】
1.ビニール袋に大豆と片栗粉を入れる。空気を入れて口を閉じて振り、全体に粉をまぶす。にんにくは半分に切って芽を取り、包丁の腹でつぶす。
2.フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて弱めの中火にかける。にんにくが軽く色づき、香りが立ったら中火にして大豆を入れてきつね色になるまで炒め、塩を振る。

コールスローに。
キャベツとにんじんは千切りにして塩もみをし、しんなりとしたら水気を絞る。マヨネーズ、酢、砂糖で味を調え器に盛り、ガーリック大豆をかける。

吉田 愛

吉田 愛 さん (よしだ・あい)

料理研究家

京都での修業経験や唎酒師の資格を持ち、和食やおつまみに定評が。『2品献立でかんたん和食』が好評発売中。

『クロワッサン』1071号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。