くらし

朝作ってお昼に食べ頃!スープジャーの夏野菜スープカレー【有賀薫さんのレシピ】

食の細りがちな季節にもするりといただける、飲むサラダ=野菜たっぷりスープを食卓に。
  • 撮影・黒川ひろみ スタイリング・矢口紀子

「スープジャーでの調理は、熱いうちに蓋を閉めれば雑菌が繁殖しにくいので、実は夏こそおすすめしたいメソッドです」。リモートワークのランチにもおすすめ。

【材料(350mlスープジャー1つ分)】
豚バラ肉 50g
パプリカ 30g
いんげん 50g
プチトマト 3個
しょうがすりおろし 少々
オリーブオイル 小さじ2
塩 小さじ1/2
カレー粉 小さじ1(好みで少し増やしてもOK)

【作り方】
1.豚肉は2cm幅に切る。いんげんは1.5cm幅に切る。パプリカは小さめの乱切りにする。プチトマトは1/4に切る。
2.鍋に豚肉、いんげん、パプリカ、トマトを入れ、オリーブオイルを加えて軽く炒める。豚肉の色が変わったら塩とカレー粉、すりおろししょうがを入れて混ぜる。
3.水200mlを加えて煮立たせ、温めておいたスープジャーに入れて蓋をする。

有賀 薫

有賀 薫 さん (ありが・かおる)

スープ作家

2011年から10年間、3000日以上毎朝スープを作り、スープのレシピ本は10冊にのぼる。近著『こうして私は料理が得意になってしまった』。

『クロワッサン』1071号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。