くらし

揚げたてに南蛮だれがジュワッと。鶏むね南蛮の野菜たっぷりサラダ【井原裕子さんのレシピ】

この一品でお腹いっぱい、食卓も華やぐごちそうサラダを井原裕子さんのレシピで。
  • 撮影・小林キユウ 文・一澤ひらり

鶏むね南蛮の野菜たっぷりサラダ

レタスはたっぷりの水に放ち、パリッとさせてから水気をよく切る。

鶏むね肉は高たんぱく低カロリーで、抗疲労効果のある成分も含まれる優秀な食材。揚げたてに南蛮だれをかけると味がしみ込み、しっとり仕上がる。野菜もふんだんに摂れて栄養バランスも言うことなし。

【材料(作りやすい分量)】
レタス 1/2個
にんじん 1/3本
青じそ 5枚
みょうが 2個
鶏むね肉 1枚
酒 大さじ1
塩・こしょう 各少々
片栗粉 適量
揚げ油 適量
南蛮だれ[醤油 大さじ2 砂糖 大さじ1/2 酢 大さじ2 ごま油 小さじ1 一味唐辛子 少々]

【作り方】
1.レタスはたっぷりの水につけてパリッとさせ、細切りにする。にんじんはスライサーで千切りにする。青じそは縦2等分に切って千切りにする。
2.みょうがは縦2等分に切ってななめ薄切りにする。
3.鶏肉は一口大のそぎ切りにしてボウルに入れ、塩、こしょう、酒をふってもみ込む。
4.南蛮だれの材料を混ぜ合わせる。
5.フライパンに油を入れて中温に熱し、鶏肉に片栗粉を全体にまぶして火が通るまで揚げる。
6.器に1の野菜を盛って鶏肉をのせ、南蛮だれを全体にかけ、みょうがをのせる。

井原裕子さん

「活用してほしいのは茹で野菜や蒸し野菜です。生野菜よりもたくさん食べられるし、調味料もなじみやすく、和風のおかずサラダによく合います。大切なのは素材の食感を生かすこと。茹で野菜と生野菜、柔らかいものと硬いもの、食感の違うものを組み合わせることでおいしさがグンとアップします」

井原裕子 さん (いはら・ゆうこ)

季節感を大切にした、誰でもおいしくできる料理のコツを伝える。『これがほんとのお弁当のきほん』など著書多数。

『クロワッサン』1071号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。