くらし

食べごたえあり、ツナと豆のトスカーナ風サラダ【渡辺康啓さんのレシピ】

この一品でお腹いっぱい、食卓も華やぐごちそうサラダを渡辺康啓さんのレシピで。
  • 撮影・小林キユウ 文・一澤ひらり

ツナと豆のトスカーナ風サラダ

薄切りにした玉ねぎとセロリに塩をふってもみ込んでおく。
ツナはフレークよりチャンクを使うと食べ応えが出る。

イタリア・トスカーナ地方で食べられているサラダ。ドレッシングにせず、具材にオリーブ油とワインビネガーを回しかけ、塩をふる。ツナは粗くほぐれたチャンクタイプを使えば、食べ応えがあり大満足。

【材料(作りやすい分量)】
白いんげん豆(水煮)200g
オイル漬けツナ(チャンク)190g
赤玉ねぎ 1/2個
セロリ 1/2本
オリーブ油 大さじ2
ワインビネガー 大さじ1
塩、結晶塩 各適量
こしょう 適量

【作り方】
1.白いんげん豆は水気を切る。ツナは油を切る。
2.赤玉ねぎ、セロリは薄切りにし、塩をふってもみ、30分ほどおく。
3.器に白いんげん豆を敷き、上にツナをのせる。
4.赤玉ねぎ、セロリから出た水分を軽く絞ってツナの上にのせ、オリーブ油を回しかけてから、ワインビネガーを回しかける。結晶塩をふり、こしょうを挽く。

渡辺康啓さん

「サラダは野菜だけでなく、肉や魚といった動物性たんぱく質を加えることで栄養バランスも満点。
旨みも増して、食べ応えのあるメインディッシュになります。
ポイントは大きめの肉を楽しむなら、野菜も大きめに、薄切り肉なら野菜も薄切りに。
具材の切り方をそろえることでおいしくなりますよ」

渡辺康啓 さん (わたなべ・やすひろ)

イタリア料理をメインとした料理教室やレシピ提供などで活躍。著書に『果物料理』『毎日食べる。家で、ひとりで』など。

『クロワッサン』1071号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。