くらし

フライパンひとつで多彩な味わい。豚肉と茹でキャベツのごまだれサラダ【井原裕子さんのレシピ】

この一品でお腹いっぱい、食卓も華やぐごちそうサラダを井原裕子さんのレシピで。
  • 撮影・小林キユウ 文・一澤ひらり

豚肉と茹でキャベツのごまだれサラダ

フライパンで沸かした湯に、火の通りにくい野菜から順番に茹でて、最後に豚肉をさっと茹でるだけ。フライパンひとつでまかなえるので、効率的で手間要らず。濃厚なごまだれが茹で野菜にコクを与える。

【材料(作りやすい分量)】
キャベツ1/4個(200g)
もやし1袋
スナップエンドウ8本
豚しゃぶしゃぶ肉150g
ごまだれ[ねりごま大さじ3 すりごま大さじ2 醤油大さじ2 おろししょうが小さじ1 砂糖大さじ1と1/2 酢大さじ1]

【作り方】
1.キャベツは芯を切る。スナップエンドウは筋を取る。
2.ボウルにごまだれの材料を入れて混ぜ合わせる(硬い場合は水を少し加えて調節する)。
3.フライパンにたっぷりの湯を沸かし、スナップエンドウを10秒ほど茹でてザルにあげる。続けてキャベツを入れてしんなりするまで茹でて取り出し、最後にもやしを入れてしんなりするまで茹でる。
4.3の湯を捨てずに一度沸騰させて弱火にし、豚肉を2〜3枚ずつ入れて茹で、肉の色が変わったら取り出す。
5.3、4を器に盛り合わせ、ごまだれをかける。

井原裕子さん

「活用してほしいのは茹で野菜や蒸し野菜です。生野菜よりもたくさん食べられるし、調味料もなじみやすく、和風のおかずサラダによく合います。
大切なのは素材の食感を生かすこと。
茹で野菜と生野菜、柔らかいものと硬いもの、食感の違うものを組み合わせることでおいしさがグンとアップします」

井原裕子 さん (いはら・ゆうこ)

季節感を大切にした、誰でもおいしくできる料理のコツを伝える。『これがほんとのお弁当のきほん』など著書多数。

『クロワッサン』1071号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。