くらし

バルサミコでコク深い、ステーキサラダ【坂田阿希子さんのレシピ】

この一品でお腹いっぱい、食卓も華やぐごちそうサラダを坂田阿希子さんのレシピで。
  • 撮影・小林キユウ 文・一澤ひらり

ステーキサラダ

フライパンの片側に肉を寄せて傾け、油を肉にかけていく。

フライパンで玉ねぎ、トマト、マッシュルームを順に焼いて、最後に牛肉を炒めるだけなので手軽にできる。肉汁もドレッシングに加えれば旨みはさらにアップ。ボリューム満点のメインディッシュに。

【材料(2人分)】
牛肉赤身(ランプ)ステーキ用 2枚(約160g)
塩・こしょう 各適量
クレソン 2把
玉ねぎ小 1個
トマト小 2個(または大 1個)
マッシュルーム 4〜5個
オリーブオイル 大さじ4~5
赤ワインビネガー 小さじ1
しょうゆ 少々
バルサミコドレッシング[バルサミコ酢 大さじ1、塩 小さじ2/3、しょうゆ 小さじ1/3、こしょう 少々、オリーブオイル 大さじ3~4]
松の実 適宜

【作り方】
1.牛肉は1時間ほど室温に置き、塩、こしょうをする。
2.クレソンは葉をつみ、茎は小口に切る。玉ねぎは1.5cm幅の輪切りにする。トマトは1cm幅の輪切りに。マッシュルームは1cm幅に切る。
3.フライパンを熱し、オリーブオイル大さじ1を加え、玉ねぎの両面をしっかりと焼きつけ、赤ワインビネガーとしょうゆをかけて取り出す。続いてオリーブオイル大さじ1を足し、トマトの両面をしっかり焼いて取り出し、さらに大さじ1のオリーブオイルを足して、マッシュルームを炒める。それぞれに塩少々をふる。
4.フライパンをさっと拭き、新たにオリーブオイル大さじ1~2を熱し、牛肉を強火で焼く。両面焼き色がついたら、フライパンを傾けて下にたまった油を牛肉にかけながら好みの焼き加減まで焼いて取り出し、食べやすい大きさに切る。
5.バルサミコドレッシングの材料をさっと混ぜ合わせる(乳化させないこと)。玉ねぎ、トマト、マッシュルーム、クレソンを合わせてドレッシングをかけ、手でざっと和えてから、牛肉を加えてざっくりと合わせて器に盛りつける。好みでローストした松の実を散らす。

坂田阿希子さん

「冷たすぎない人肌のサラダのおいしさは格別です。
サラダは温度を意識すると味わいの違いに気づきます。
秘訣は手で和えること。
野菜に味がなじみ、素材の食感を残しつつ、ドレッシングと融合していきます。手のひらからおいしくなる感触が伝わってくるんです。
野菜はしっかり水切りしてくださいね」

坂田阿希子 さん (さかた・あきこ)

和洋のジャンルを問わず、食材の食感や香りを大切にしたレシピに定評がある。著書に『SPOON 坂田阿希子の料理教室』など。

『クロワッサン』1071号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。