くらし

郷愁を誘う、かためのプリン【若山曜子さんの懐かしおやつレシピ】

幼い頃によく食べていた、素朴でやさしい味わいのおやつ。材料も作り方もシンプルなのが魅力です。
  • 撮影・馬場わかな スタイリング・伊東朋惠 文・嶌 陽子 撮影協力・UTUWA

プリン

キャラメルを充分焦がして。
郷愁を誘う、かための食感とほろ苦キャラメル。

【材料(130ml容器6個分)】
キャラメル[グラニュー糖 50g 水 大さじ1]
プリン液[卵 3個 卵黄 1個 グラニュー糖 60g 牛乳 400ml バニラビーンズ 1/3本(さやから種をしごき出し、さやも取っておく)]

【作り方】
1.
小鍋にキャラメルの材料を入れて強火にかける。かき混ぜないこと。
2.縁が茶色くなってきたらゆっくりと鍋を回し、全体が濃い醤油色になったらプリンカップに均等に入れる。
3.プリン液を作る。卵、卵黄、グラニュー糖をボウルに入れ、卵白を切るように泡立て器で混ぜる。
4.鍋に牛乳、バニラビーンズの種とさやを入れ、沸騰直前まで温めて3に加える。しっかり混ぜて漉し、プリンカップに流し入れる。
5.布やタオルなどを敷いた深めのバットに4を置き、高さ3cmほど湯を入れて140度に予熱したオーブンで30分加熱。揺らしてみて表面が揺れなかったら完成。
6.粗熱を取り、冷蔵庫で1時間以上冷やす。

キャラメルは濃い醤油色になるまで焦がすのがコツ。
プリン液は型に流し入れる前に、よく混ぜてざるで濾す。
カップの揺れを防ぎ、滑らかに仕上げるために布を敷く。
若山曜子

若山曜子 さん (わかやま・ようこ)

料理・菓子研究家

テレビや雑誌、書籍等でのレシピ提案で活躍。オンラインのお菓子教室も主宰。著書に『レトロスイーツ』(文化出版局)ほか。

『クロワッサン』1063号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。