くらし

作りたてならではの風味と口当たり、ババロア【若山曜子さんの懐かしおやつレシピ】

幼い頃によく食べていた、素朴でやさしい味わいのおやつ。材料も作り方もシンプルなのが魅力です。
  • 撮影・馬場わかな スタイリング・伊東朋惠 文・嶌 陽子 撮影協力・UTUWA

ババロア

ぜひバニラビーンズを使って。
バニラの風味と口当たりのよさは作りたてならでは。

【材料(120ml容器3~4個分)】
アングレーズソース[牛乳 250ml バニラビーンズ 1/3本 卵黄 3個 グラニュー糖 50g 粉ゼラチン 5g(水大さじ1と1/2でふやかす)]
生クリーム 100ml
グラニュー糖 大さじ1/2
いちご 適宜

【作り方】

下準備:バニラビーンズはさやから種をしごき出し、さやも捨てずに取っておく。
1.アングレーズソースを作る。ボウルに卵黄とグラニュー糖を入れ、泡立て器でグラニュー糖が溶けるまですり混ぜる。
2.鍋に牛乳、バニラビーンズのさやとしごいた種を入れて沸騰直前まで温め、1のボウルに半量を入れてよく混ぜ、鍋に戻す。
3.弱火にかけ、たえずゴムベラで混ぜながら火を通し、ゴムベラに残る程度のとろみがついたら火から下ろす。ふやかしたゼラチンを入れてよく混ぜる。※たくさん作った場合はゼラチンを入れる前の状態で一度漉し、保存袋に入れて急冷凍しておく。
4.ざるで漉してボウルに入れ、ボウルの底を氷水に当てて、時々混ぜながらもったりするまで冷やす。
5.別のボウルに生クリームとグラニュー糖を入れ、泡立て器でピンと角が立つくらいの八分立てにし、4に加えてゴムベラでさっくりと混ぜる。
6.型に流し入れ、冷蔵庫で3時間以上冷やし固める。7.ぬるま湯に型をさっとつけてババロアを外し、器に盛る。好みでいちごを添える。

\アングレーズソースを使ってもう一品/ミルクセーキ

【材料】
アングレーズソース
牛乳 各適量
練乳 適宜

【作り方】
1.ババロアで作ったアングレーズソースを冷凍しておく。
2.1と牛乳を1対1の分量で合わせてミキサーにかける。
3.好みで氷を入れたグラスに注ぎ、練乳をかける。

若山曜子

若山曜子 さん (わかやま・ようこ)

料理・菓子研究家

テレビや雑誌、書籍等でのレシピ提案で活躍。オンラインのお菓子教室も主宰。著書に『レトロスイーツ』(文化出版局)ほか。

『クロワッサン』1063号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。