くらし

実録! カオスな収納棚を虻川美穂子さんが片づけた。

  • 撮影・黒川ひろみ 文・長谷川未緒

【リバウンドしない片づけの基本手順。】

[1]全てのものを目の前に出す。

全てを一気に出して、自分が持っているものの総量と種類を把握。こんなに物をたくさん持っているから大変なんだと自覚する効果も。

[2]残すものを選び取り、大まかにジャンル分け。

時間をかけず収納スペースに対して7割の量まで厳選。不要品を間引くのではなく、本当に必要なもの、好きなものだけ残すのがコツ。

気づくとこんなにいっぱい! 溜まりがちなあれこれ。

【 電化製品などの 取扱説明書は、 アプリで管理して。 】

(上)保証書は保管する必要があるが、取扱説明書はパソコンやスマートフォンのアプリを使えば身軽にできる。(下)アプリ「トリセツ」は、型番入力かバーコード読み取りで、様々な家電の説明書を読むことができる。

【 便利な保冷バッグも、 実際に使う数以上は 思い切って処分。 】

使うシチュエーションが具体的に思い浮かばないものは今の生活には不要品なので、2個あれば充分。

【 お守りを処分しても、 祟られることは ありません。 】

授かった寺社に納められればベストですが、難しい場合は感謝の気持ちを込めてゴミに出して処分を。

【 何かに使えるかも、 と残したものが、 生活を圧迫します。 】

まだ使える、何かに使える、ではなく、今の自分を幸せにするか、理想の暮らしが叶うか、で判断を。

【 化粧品は定期的に チェック。未使用でも 使用期限切れは、処分。 】

開封して時間が経っていたり、未開封でも使用期限が過ぎている化粧品は、肌トラブルの原因にも。

【 リサイクルや リユース活用は、 使い切れる量に。 】

裏紙をメモ用紙に再利用している虻川さん。エコでいいけど、それも適量にして、わかりやすい場所に収納。

【 必要なものだけ入れて いたはずの棚に、 これだけの不要品が。 】

汚れていたり、使用期限が過ぎていたり、持ちすぎていたりしたものを整理。収納用品は別の場所で再利用。

[3]紙袋に付箋でラベルを貼り、入れていく。

一つひとつのものに住所(置き場所)を決める。紙袋にジャンル分けのラベルを貼り、仮置きする。棚に戻すか、他の部屋行きかもこの時に。

[4]最終的に収納ボックスに入れてラベリング。

全てのものの置き場所が確定したら、スペースのサイズに合った収納グッズにラベリングして入れて、7割収納で片づける。

1 2 3
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。