くらし

煮て、焼いて、蒸して良し! ぶりを堪能できる4つのレシピ記事まとめ。

程よく脂が乗ったぶり、美味しいですよね。さまざまな調理方法で楽しめるから、もっと気軽に味わってみましょう。
  • 文・クロワッサン オンライン編集部

1.魚のプロに学ぶ、鰤(ぶり)の選び方と扱い方。

まずは美味しいぶりの選び方と扱い方を知っておきましょう。きちんと下処理をすればグッと美味しくなります。

⇒詳細はこちら

2.ぶりの照り焼き。

なんとなく面倒で避けてきたぶりの照り焼き。焼いた後、熱湯をかけて脂を落としてから、タレを煮絡めるだけで完成! 明日作ってみたくなるレシピです。

⇒詳細はこちら

3.ブリカマと大根のオイル蒸し。

野菜の甘さと旨みがUP! ぶりに焼き目をつけた後、野菜と一緒にオリーブオイルで蒸した一品。簡単だけど、ご馳走感が出るから、大人数の食事の時にもおすすめ。

⇒詳細はこちら

4.得意料理! ヒャダイン流のぶり大根。

ヒャダインさんお得意のぶり大根、満を辞して登場! 大根を薄めに切るのが好みとのこと。ぜひ参考にして自分だけのぶり大根を作ってみては?

⇒詳細はこちら

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。