くらし

ブリカマと大根のオイル蒸し【久松農園のまかないレシピ】

露地畑で有機栽培する久松農園の野菜には、土が育む命の香りと旨みがたっぷり。力強い魅力を余すところなく生かしたレシピを教えてもらいました。
  • 撮影・キッチンミノル、久松達央(風景)、柳原久子(料理、人物) 文・角田奈穂子(フィルモアイースト)

「オイル蒸しはおすすめの食べ方。野菜の甘さと旨みがUP。」

【材料(4人分)】
大根1/3本
大根の葉1/3本分
小松菜4本(100g)
長ねぎ1本
ブリの切り身とカマを合わせて400g
塩・黒こしょう各適量
オリーブオイル大さじ3
レモン(くし形切り)適量

【作り方】 
1.ブリの切り身とカマ全体に塩、黒こしょうをふり、下味をつける。
2.大根は2cm角、大根の葉は3cm長さ、小松菜は4cm長さに切る。長ねぎは小口切りにする。
3.厚手の鍋にオリーブオイル大さじ1を熱し、ブリを中火で焼く。鍋の空いたところで大根を炒める。
4.ブリに焼き色がついたら、水大さじ1を入れてふたをし、3分ほど弱火で蒸し焼きにする。
5.大根の葉、小松菜、長ねぎを加え、オリーブオイル大さじ2を回しかけ、ふたをしてさらに10分ほど弱火で蒸し焼きにする。
6.ブリに火が通ったら塩ひとつまみ、黒こしょう少々をふる。器に盛り、レモンを添える。
※加熱時間は、ブリの大きさに応じて調整を。

大久保さんが農園を訪問したとき、久松さんが作ってくれた一品。「オイル蒸しは、野菜に軽く焦げ目がつくくらい、思い切って炒め蒸すと香りがよくなります」と久松さん。プチヴェールや菜の花、水菜、小松菜を使ってもおいしい。

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。