くらし

【試して納得】足にやさしくフィットしてパタパタしない、本革スリッパ。

家にいる時間がいっそう増える冬は、日本人に合う足型で丁寧に作られた本革のスリッパで、足元を温かく。
  • 撮影・黒川ひろみ 文・板倉ミキコ

冬の暮らしの快適さを左右する、大切な一品……それはスリッパやルームシューズではないでしょうか。

履きやすさと心地良さを追求した結果、夏はビーサン一辺倒の私ですが、冬場は足元を温かく守ってくれる一足が欲しい。そこで今季見つけたお気に入りが、発色も美しい本革のスリッパでした。

M、Lサイズがあり、3色展開。左からレッド、ベージュ、グレー。高級感のある本革(アッパー)は、ハリがありながら絶妙な柔軟性も兼ね備えている。

「足なじみのよい本革スリッパ」と名付けられているのですが、スッと自分の足を入れた瞬間、「ああ、これが足なじみがいいっていうことね」と合点がいきます。

甲を覆うアッパー部分が一般的なスリッパより深めなので、足を包み込むフィット感が絶妙で、室内を歩き回ってもパタパタ音がしないのです。

木型を使って「型出し」をして立体的に仕上げているので、アッパーが足の甲の部分に吸い付くようにフィット。あたりも柔らかい。
かかと部分にはクッション材を重ねて。クッション性があり、柔らかいソール(人工皮革)なのでとても機能的。
耐久性と扱いやすさを考慮して、ソールは合成皮革を使用。汚れが気になりにくい落ち着いたベージュなのは、どの色のスリッパも共通。

ソールが柔らかいので、かがんだり、歩き回っても動きがスムーズ。台所仕事、掃除、洗濯など、スピーディに家事をこなす中、このスリッパは私の足をサポートしつつもパタパタと忙しない音をさせないから、いつも以上に家事をスマートにこなしているように感じるほど。

たかがスリッパ、されどスリッパです。100均でも買えてしまう世の中ですが、こちらはスリッパを作り続けてきたメーカーが、日本人の足に合う足の木型をもとに仕上げています。

驚くほど軽い履き心地ながら、薄く見えるソール部分にもクッション材を上下前面に使ってあり、かかと部分にはさらにクッション材を重ね、床の衝撃から足裏をふんわりと守ってくれます。

パタパタ音がせず、脱げにくく、働き者の足をしっかりサポートしてくれるスリッパ。
汚れが気になる人は、使い始めに革用の防水スプレーをかけておくのもいいかも。

革選び、裁断、縫製、型出しと、時間もコストもかけて出来上がったスリッパは、見た目も凛としていて、部屋に置いてある姿を見るだけでもなんだか嬉しくなるのです。

裸足で履くとその心地良さがよくわかります。

自分用はグレーにしましたが、母親へ、年末の贈り物としてレッドを選びました。曇り空、雨や雪の日など冬の寒さをより感じる日でも、温かな色が足元にあるだけで気分も明るくなれるはず、と思っています。(ライターMikiko)

<商品概要>

■商品名:足なじみが良い本革スリッパ(税込 7,920円)
■販売:クロワッサンの店

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。