くらし

胃腸に優しい、体調を整える豆乳を使った4つのスープレシピ記事まとめ。

暴飲暴食が続く年末年始、豆乳を使ったスープで内臓の疲れを癒しましょう。いろんな味わいの豆乳スープのレシピをまとめました。
  • 文・クロワッサン オンライン編集部

1.カリフラワーの豆乳スープ。

ウー・ウェンさんの人気レシピ、カリフラワーの豆乳スープは超簡単なのに、味わい深い一皿に。ビタミンCたっぷりで免疫力もアップ! 朝ごはんにもぴったりです。

⇒詳細はこちら

2.豆乳のふるふるスープ。

豆乳に昆布酢と出汁を入れると、ふるふるおぼろ豆腐風の食感に変身! 温泉卵とチーズをパンにのせて食べればリッチな味わいに。胃腸が疲れた時の救世主のようなスープです。

⇒詳細はこちら

3.小蕪の豆乳スープ。

旬の蕪を余すことなく使った豆乳スープ。用意するものはだしと薄口醤油、無調整豆乳と黒胡椒のシンプルレシピ。たんぱく質と野菜不足を感じたらぜひ作ってみて。

⇒詳細はこちら

4.しらすと白菜の柚子豆乳スープ。

基本の鶏むねスープを使った豆乳スープ。白菜はさっと炒めて甘味を引き出すのが美味しさのコツ。しらすがカルシウム補給の手助けに。

⇒詳細はこちら

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。